お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

SEOキーワードの入れ方とは?効果的なキーワード設定のコツとSEOの関係性

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

SEO対策をした記事を書く場合、「キーワード」が重要と聞いたことがありますよね。しかし、具体的にどのようにキーワードを設定すればいいのでしょうか。本記事では、SEO記事を書く場合に、どのようにSEOキーワードを設定するのかについて、詳しく解説します。

是非参考にしてください。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

SEO無料相談会を実施しています

クリックできる目次

結論!SEOキーワードの入れ方とは?「入れるべき場所」

SEOキーワードの入れ方とは、入れる場所とは「見出しタグ」「タイトルタグ」です。SEO対策でキーワードの入れ方はいくつかあります。例えば、見出しタグにSEOキーワード設定したり、タイトルタグにSEOキーワードを設定したりします。また、内部リンクの一部であるアンカーテキストにもSEOキーワードを設定することで上位表示が見込まれます。

SEOキーワードの入れ方に厳密な手法なありませんが、見出しタグやタイトルタグに不自然な日本語にならないように、SEOキーワードを設定しましょう。

具体的には、下記項目にSEOキーワードを設定しましょう。

入れる場所SEO対策上のコツ重要度
タイトルタグ左寄せでキーワードを設定して、32文字以内に収める。★★★
見出しタグ狙いたいキーワードをH1・H2タグに設定する。★★★
アンカーテキスト
(内部リンク)
アンカーテキストに完全一致キーワードを設定する。★★
メタディスクリプションランキングに直接的な影響はないとされるが、キーワードを設定することでクリック率向上に関係する。
本文テキスト共起語として認識される。

上記表に記載した内容は一般的に、「内部施策」や「内部SEO」と呼ばれる部分です。内部施策でSEOキーワードを設定することで、Google検索エンジンに上位表示したいSEOキーワードとの、関連性を伝えることができ、その結果として上位表示につながるのです。

さらに詳しくは、Google公式のウェブマスター向けガイドラインをご覧ください。

Google Developers
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) | Google 検索セントラル  |  ドキュメント ... Google のウェブマスター向けガイドライン(品質と SEO に関するガイドラインを含む)を遵守してください。これらのガイドラインは、Google がサイトの認識、インデックス...

SEO対策におけるSEOキーワードの重要性

SEO対策においてキーワードは重要です。Google検索エンジンのクローラーは、記事内にあるキーワードをもとにコンテンツの内容を読み取っています。例えば、「Hタグ(見出しタグ)」や「タイトルタグ」など内部施策で重要なポイントにSEOキーワードを入れる場合や、本文中に自然な形でSEOキーワードを含めることも重要です。

検索エンジンとしては、SEOキーワードが含まれていることで、ユーザーが検索するSEOキーワードとの関連性を読み取り、より近しいコンテンツを上位表示させようとするのです。また、共起語という考え方があり、SEOキーワードと関連性の近しい語句を含めることで、より上位表示が期待できます。

検索エンジンはキーワードを手掛かりとして、コンテンツ順位を決定しているので、SEOキーワードの設定は必須と言えます。

検索エンジンは、キーワードを手掛かりに検索順位を決定しています。内部施策の項目に、上位表示したいSEOキーワードを含めることでSEO対策が可能になるのです。

あわせて読みたい
【SEOコツ】LSIキーワードとは?共起語との違いやSEO効果、重要性を解説! 検索エンジンで上位表示を目指す際に「キーワードを盛り込む」や「結論ファースト」などの対策がありますが、そのほかにも「共起語」や「LSIキーワード」への理解が必要...

SEOキーワードを入れると効果がある場所とは?

SEO対策でキーワードを入れる場所について解説します。

具体的には、下記のような項目にSEOキーワードを設定していきましょう。

あわせて読みたい
キーワード選定のコツとは?SEOで上位表示させる方法や使えるツールを紹介! SEO記事を執筆する際に、どのようにキーワードを選定しているでしょうか。正しいキーワード選定の方法を用いなければ、どれだけ質の高いコンテンツを制作しても読者の目...

SEOキーワードの入れる場所「タイトルタグ」

入れる場所SEO対策上のコツ重要度
タイトルタグ左寄せでキーワードを設定して、32文字以内に収める。★★★
見出しタグ狙いたいキーワードをH1・H2タグに設定する。★★★
アンカーテキスト
(内部リンク)
アンカーテキストに完全一致キーワードを設定する。★★
メタディスクリプションランキングに直接的な影響はないとされるが、キーワードを設定することでクリック率向上に関係する。
本文テキスト共起語として認識される。

そもそも、タイトルタグ(Titleタグ)とは、検索結果に表れる記事のタイトルを指します。この記事のタイトルタグは下記です。

タイトルタグは「SEO対策におけるキーワードの入れ方とは?内部施策や記事とキーワードの関係性」ですが、この記事では「SEO キーワード 入れ方」で上位表示を目指しています。そのため、タイトルを左寄せで「SEO キーワード 入れ方」と自然な形で設定しています。

タイトルタグのキーワード設定でよくある質問を次に記載します。

タイトルタグに関するFAQ

タイトルタグが長すぎると、SEOでマイナス評価がありますか?

タイトルタグが50文字を超えるなどあまりにも長い場合は、キーワードが分散してマイナス影響がある可能性があります。最適値は32文字程度とされていますが、40文字程度であれば問題は大きく発生しません。

固有名詞が長い場合は文字数が増えやすくなりますが、問題ないでしょうか?

「デジタルマーケティング」など固有名詞の文字数が長い場合、タイトルの文字数を消費しやすくなりますが、相対的にそのキーワードで他のコンテンツも文字数が長い傾向があるため概ね問題ないです。あまりにも長くならないように注意しましょう。

あわせて読みたい
【具体例】検索順位を上げる方法は?SEOで一位になる方法と検索順位の仕組みを解説 検索順位を上げる方法は?SEOのポイントとGoogleのアルゴリズムについて徹底解説! Webサイトを運営している方であれば、検索エンジンを意識して記事を作成しますよね。...

SEOキーワードを「見出しタグ」(Hタグ)に設定する

見出しタグ(Hタグ)は記事の目次のような存在です。この記事の見出しタグは下記です。

見出しタグには、自然な形でキーワード設定しましょう。見出しタグはH1タグからH6タグまでありますが、基本的にキーワードを設定したいのはH2タグまでです。H3タグにキーワードを設定しなくても、現在のSEO対策では上位表示は可能になります。また、すべてのH2タグにキーワードを設定する必要はないです。

下記に見出しタグに関するよくある質問を紹介します。

見出しタグに関するFAQ

見出しタグは1記事当たり、何個設定したほうがいいですか?

明確な個数はありませんが、最低でもH2タグを7つ設定することが良いとされています。H2タグを7つ以上設定することで検索順位が上がりやすいとされています。

H1タグは1記事に一つ以上設定すると、SEOで悪影響がありますか?

基本的に1記事あたりH1タグは1つとされます。WordPressなどのCMSでタイトルタグとH1タグは同じと認識されるため、記事を書く際に、意図的にH1タグを設定する必要はありません。

SEOキーワードを「アンカーテキスト」(内部リンク)に設定する

内部リンクであるアンカーテキストにSEOキーワードを設定することで、キーワードとの関連性が上がります。狙いたいSEOキーワードをアンカーテキストに設定することで、トラフィック数増加につながります。

しかし、内部リンクは本来では、SEOキーワードを設定するというより、遷移先のページ内容を表すものです。そのため、無理やりSEOキーワードを設定して、遷移先ページとの関連性が薄くならないように注意しましょう。

下記はアンカーテキストを設定した、内部リンクの例です。

内部リンクについては下記の内部施策の手法を解説した記事でも解説しているので、ご覧ください。

あわせて読みたい
SEO内部施策とは?|3つの基本施策と15の効果的手法まとめ 【SEOの内部施策とは】 SEOには内部施策と外部施策の2種類があり、内部施策とは主にタグやサイト構造、リンク整備など、自社で行えるものを言います。 内部施策がきちん...

また、下記でアンカーテキストや内部リンクに関するFAQを紹介します。

アンカーテキスト(内部リンク)に関するFAQ

内部リンクは1記事当たりどれくらい設定したほうが良いですか?

1記事あたり45本を上限として内部リンクを設定します。また、文字数が3000~5000文字程度であれば4~10本程度が好ましいでしょう。Eコマースサイトですが、内部リンクを2つから4つに増やすことで、トラフィックが11%上昇した事例があります。

ネイキッドリンク(URLそのまま)よりアンカーテキストを設定したほうが良いですか?

アンカーテキストはキーワードを設定して設置することで、SEOで高評価があります。アンカーテキストを積極的に設定しましょう。

SEOキーワードの入れる場所「メタディスクリプション」

メタディスクリプションは、検索結果に表示されるページの概要文です。

メタディスクリプションにキーワードを設定することで、太字で表示されることや、ユーザー視点でクリックされる確率が高くなるメリットがあります。直接的に、メタディスクリプションにキーワードを設定することでSEO対策にはなりませんが、ユーザー視点でキーワードを適度に設定したほうが良いでしょう。

またメタディスクリプションは設定しなくても自動で表示されますが、個別に設定する場合は、100~120文字程度で設定をしましょう。

SEOキーワードの入れる場所「本文」

タイトルタグや見出しタグだけでなく、本文にSEOキーワードを含めることが重要です。本文の記載されたSEOキーワードをGoogleが読み込み、テキスト情報を参考にランキングします。タイトルタグのSEOキーワードや見出しタグのSEOキーワードよりはランキングに関わる要因として、優先度が低いとされます。しかし、現在のSEOでは、タイトルや見出しタグにSEOキーワードを含めることは周知の事実となり、差別化を図るには、本文にSEOキーワードを含めて自然な文章を作成することが重要です。

本文のSEOキーワードは共起語とも呼ばれ、SEOキーワードや単語同士の近さを表しています。例えば、「SEO」の共起語は「マーケティング」「方法」「Web」「コンテンツ」「広告」などです。逆に遠いSEOキーワード(共起語でないもの)は「シフォンケーキ」「文房具」などでしょう。

SEOという単語が本文に出てきたときに、それに近しいSEOキーワード、頻出するキーワードを共起語と言い、キーワードと同時に共起語も意識してライティングするとSEOで効果があると言われています。

本文に関するFAQ

本文にどれくらいキーワードを入れるべきでしょうか?

意識的にキーワードを詰め込むというよりは、関連性のある見出し構成をつくるから、本文で結果としてキーワード数が多くなる、共起語が頻出するといった考え方が良いでしょう。

キーワード含有率は3%以内にすべきって本当ですか?

一つのコンテンツ全体でキーワード含有率は5%以内にするという目安が設けられることが多いです。

SEOキーワードを入れるメリット・効果とは?

SEOキーワードを入れるメリットは、検索上位に上がりやすいことです。SEOキーワードを入れることで先述したように、Google視点で検索ワードと記事の関連性を評価してランキング化しています。下記のようなメリットがあるので、確認しましょう。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティングとは? 定義から実践方法まで解説 「コンテンツマーケティング」という言葉は知っていても、詳しく知っている人は少ないのでは? 当記事ではコンテンツマーケティングを運用したい人に向けて、定義から...

メリット1.Google視点で検索ワードとの関連性を高められる

Googleクローラーが検索者の検索したキーワードと、記事のタイトルや見出し(H1・H2)に含まれるキーワードを参考にランキング化しているため、キーワードとの関連性が高まります。

結果として、キーワードを入れることで、検索上位に表示されてSEO対策となるのです。

メリット2.専門家が使用する「共起語」をGoogleが理解している

Googleはフェイクニュースや嘘の記事を検索上位に表示させないために、怪しいサイトや専門家・専門知識のない執筆者が書いていない情報を上位表示させない傾向があります。

専門家やプロが書いた、もしくは監修した記事でどのようなキーワードが文中や見出しなどで使用されているかGoogleは認識しており、検索順位に反映していると考えられます。

SEOに知識がないAさんと、SEOコンサルタントのBさんが書く記事では、文中に出てくるボキャブラリーや見出しなどが異なり、共起語の使用率や頻出する言葉・キーワードも異なります。

そのため、専門家や知識がある人が書いた記事と、知識がない人が書いた記事をGoogleは認識して、ランキングに反映していると考えられるのです。

SEOでキーワードを入れる場合の注意点

SEO対策でキーワードを入れる場合、不自然にならないようにキーワードを設定しましょう。例えば、この記事では「SEO キーワード 入れ方」で上位表示を目指していますが、見出しやタイトルに「SEO対策でキーワードの入れ方とは?SEO上のキーワードを入れる注意点を解説」など、むやみにキーワードを乱用すると、ユーザーが読みにくくなる可能性があります。

Googleとしては、検索体験が損なわれるキーワードの設定方法は「邪魔なページ」であり「低品質なコンテンツ」です。

キーワードを入れる場合は、日本語として不自然でないか、読みづらくないかを確認しましょう。SEOを意識しすぎて文章が崩れては逆効果になる場合もあります。

キーワードスタッフィング(SEOキーワードの詰め込み)は厳禁!?

SEOキーワードを意識するあまり、キーワードをむやみに詰め込み過ぎる方も多いです。しかし、キーワードを詰め込むことは「キーワードスタッフィング」と呼ばれており、Googleの公式見解でも、キーワードの詰め込みはNGとされています。

Google公式見解では以下のような文章を「NG例」として紹介しています。同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。

例:当店では、カスタムメイド葉巻ケースを販売しています。当店のカスタムメイド葉巻ケースは手作りです。カスタムメイド葉巻ケースの購入をお考えでしたら、当店のカスタムメイド葉巻ケース担当者まで custom.cigar.humidors@example.com 宛てにお問い合わせください。

https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/irrelevant-keywords?hl=ja
Google Developers
無関係なキーワードとキーワードの乱用 | Google 検索セントラル  |  ドキュメント  |  Google Developers コンテンツに関係のないキーワードやキーワードの乱用に関するガイドラインをご確認いただけます。避けるべきこととキーワードの乱用の例をご確認ください。

SEOキーワードを入れなくて良い場所とは?

SEOキーワードを入れたほうが良い場所がある一方で、キーワードを入れなくて良い場所もあります。ここでは、キーワードが不要な場所について解説します。

メタキーワード」にSEOキーワードは不要

メタキーワードにキーワードの設定は不要です。メタキーワードは過去に、その記事でどのようなキーワードを対策しているかを明記するタグでした。しかし、現在のGoogle検索エンジンでは、メタキーワードをランキング要素に加えていないため、メタキーワードにキーワード設定は不要です。

また、メタキーワードの設定自体が不要になっています。

パーマリンク」にSEOキーワードは不要

パーマリンクにキーワードの設定は不要です。パーマリンクとは、その記事のURLのことです。URLにキーワードを設定しても、SEO効果はないですが、日本語でパーマリンクを設定してしまうと、文字化けのように変換されてしまうため、ローマ字で設定しましょう。

パーマリンクにSEO効果はないですが、日本語ではなくローマ字で設定することがコツです

まとめ

SEOキーワードを入れる場所は、「タイトルタグ」「見出しタグ(H1・H2)」です。この二つには必ずキーワードを設定しましょう。他にも「メタディスクリプション」「アンカーテキスト」「本文」などにキーワードを入れると効果です。

この機会にSEOキーワードが記事に設定できているかどうか、確認してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次