お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

コンテンツマーケティングとは? 定義から実践方法まで解説

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

「コンテンツマーケティング」という言葉は知っていても、詳しく知っている人は少ないのでは? 当記事ではコンテンツマーケティングを運用したい人に向けて、定義から実践方法まで紹介します。

クリックできる目次

コンテンツマーケティングとは?

まずはコンテンツマーケティングの定義や、コンテンツSEOとの違いについて見ていきましょう。

コンテンツマーケティングの定義

コンテンツマーケティングとは、顧客に有益な情報を配信し、新規顧客を獲得して商品を購入してもらうマーケティング手法。直接商品を広告を出したり宣伝するのではなく、ユーザーにとって価値のある情報を配信することで、関心や興味を持ってもらうことを目的とします。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの大きな違いは、対象媒体が大きく異なります。

コンテンツ対象媒体
コンテンツマーケティング検索エンジン、TwitterやInstagramなどのSNS、YouTube、ブログ、メール
コンテンツSEO検索エンジン

コンテンツマーケティングの目的は、コンテンツを配信して新規顧客を獲得すること。一方、コンテンツSEOは検索エンジンで自社サイトを上位表示する手法です。コンテンツSEOのイメージとしては、コンテンツマーケティングを行う上で必要になってくる一つの施策と考えてOKでしょう。

コンテンツマーケティングが必要な理由

一昔前までは「売り込み型」が主流であり、企業がアピールしたいことを一方的に宣伝していました。しかし、近年スマートフォンが普及したことにより情報量が増え、消費者は企業の宣伝や広告に対して疲れを感じやすくなりました。

消費者は「知りたい情報は自分で調べる」という視点に変わり、インターネットやSNSなどを活用する人が急増。そのためユーザーが求める有益な情報を提供するコンテンツマーケティングは、現代において重要な役割を果たしてくれると言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの手法「トリプルメディア」

コンテンツマーケティングを実践する前に「トリプルメディア」について理解しておきましょう。「ペイドメディア」「オウンドメディア」「アーンドメディア」の3つの特徴をそれぞれ解説します。

ペイドメディア

ペイドメディアとは、費用を払って広告出稿するメディアのこと。不特定多数のユーザーを対象とするため認知度の拡大と共に、短期的な効果が期待できます。しかし費用が発生するため、長期的な出稿が難しいケースがあります。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社が運営するメディアのことを指します。ブログやウェブサイト、パンフレットや広報誌などのオリジナルコンテンツを自社で提供。自社でコントロールすることが可能であり自由度が高いため、良質なコンテンツを配信することができます。

ただし短期間での効果は難しいため、長期的かつ継続的な運営が必要でしょう。

アーンドメディア

アーンドメディアとは、TwitterやInstagram、またはFacebookなどを通じて消費者が情報発信するメディアのこと。獲得したファンがSNS上で拡散することによって、認知度向上に繋がります。また消費者が共有することによって、企業が「いいね」をしたりメッセージを送ることで直接コミュニケーションを取ることも可能でしょう。

しかしSNSは拡散力が強いため、悪い情報を発信されてしまい炎上する恐れがあるので要注意です。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングには、メリットもあればデメリットも存在します。どちらも把握した上で実践をしていきましょう。コンテンツマーケティングのメリットから解説します。

ハードルが低い

コンテンツマーケティングは、低予算で導入できるのでハードルは高くありません。広告を出稿するにも、媒体によっては高額の広告費が発生するケースがあります。しかしブログやSNS、動画媒体などはほとんど無料で行える施策です。

潜在顧客が求める情報の把握、継続的な発信が必須となりますが、高額な費用が発生しないので気軽な気持ちで運用ができるでしょう。

資産になる

発信したコンテンツは大切な資産となります。一時的な広告とは違い、インターネット上に残り続けるので、良質なコンテンツは検索エンジンで上位表示を狙うこともできます。蓄積された資産が、長期的に安定した集客に繋がります。

SNSに拡散される

ユーザーが気に入ったブログ記事や動画は、SNSにシェアしたり拡散したりと集客に繋がります。またSNSではユーザーと接する機会が増えることで、口コミや評価といった消費者の意見を知ることができます。

コンテンツマーケティングのデメリット

次はコンテンツマーケティングのデメリットについて解説します。

成果が出るまで時間がかかる

コンテンツマーケティングは成果が出るまでに時間がかかるため、途中で挫折する人も少なくありません。質の高いコンテンツを発信してアクセスが増えたとしても、すぐに商品購入に至るとは限りません。また情報を発信しても検索エンジンで上位表示されない、新規顧客は増えないといった問題も出てくることがあります。

労力がかかる

コンテンツ制作するにあたって、コンテンツマーケティングの知識を習得しなければいけません。そしてコンテンツ制作にも時間がかかるので、公開するまでに時間と手間がかかります。また運用している間も集客獲得や、成果を出すために改善や修正も重要です。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングの種類は以下の通りです。

  • 記事コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • SNS
  • オンラインイベント
  • レビュー
  • LP(ランディングページ)
  • ホワイトペーパー
  • メルマガ
  • イベント
  • 事例
  • コミュニティ
  • シミュレーション

ターゲットやユーザー層によってアプローチ方法が異なります。コンテンツマーケティングの主流である記事コンテンツは、検索エンジンで上位表示を狙い顧客獲得にも効果的。自社に合ったアプローチをするために、一つだけに絞らずさまざまな媒体を組み合わせると良いでしょう。

コンテンツマーケティングの実践方法

コンテンツマーケティングをするにあたって、戦略設計を立てることが重要です。「コンテンツマーケティングを進めたいけど、順序がわからない」という人にも分かりやすく実践方法を解説します。

目標設定

まずは目標設定をしましょう。コンテンツマーケティングは長期的で成果が出にくいため、途中で目標を見失うことになります。最後までブレないためにもチーム内で、明確な目標設定を掲げていきましょう。

ペルソナ設定

ペルソナとは商品やサービスを利用する人物像のことであり、深く詳しく設定していきましょう。性別や年齢の他にも、職業や家族構成、趣味といった細かい人物像を作り上げる必要があります。

ニーズに合ったコンテンツを制作するには、ユーザー視点に立つことが重要。リアルなコンセプトを掲げることで、チーム内での認識のズレが生じにくくなりトラブルも減ります。

カスタマージャーニーマップの作成

カスタマージャーニーとは、直訳すると「顧客の旅」という意味。カスタマージャーニーマップでは、顧客がサービスや商品を知って購入に至るまでのプロセスを可視化をすることです。認知から行動までを時系列に可視化することで、顧客が望むコンテンツを配信することができます。

コンテンツマップの作成

ペルソナ設定とカスタマージャーニーマップの作成をした後は、コンテンツマップを作成していきます。コンテンツマップとは、一言で言うと「ウェブサイトの設計図」にあたります。コンテンツの全体像を見渡す重要な役割を果たしてくれます。

媒体を選ぶ

コンテンツマップまで作り終えたら、次はコンテンツを配信する媒体を選択していきます。媒体の種類は一つだけに捉われず、ペルソナに適した媒体を選ぶのがポイントです。

CTA設置

CTAは訪問者にとってもらいたいアクションを呼びかけることを意味します。ウェブサイト上でリンクボタンを設置して、問い合わせやメルマガ登録、資料請求といった行動喚起を促します。

KPI設定

KPIは日本語で「重要業績評価指標」という意味。自社が掲げた目標達成に至るまでの、達成度合いを数値化したものです。達成したい目標の進捗を把握することで、問題を洗い出して改善を図ることができます。

まとめ

コンテンツマーケティングの定義から種類、実践するまでのプロセスについて紹介しました。

コンテンツマーケティングは顧客が求める情報を発信し続けることで、ファン化させるマーケティング施策です。最初は成果が出るまでに時間や労力がかかりますが、地道に続けることで優良顧客が増えていくでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次