お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

【SEOコツ】LSIキーワードとは?共起語との違いやSEO効果、重要性を解説!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

検索エンジンで上位表示を目指す際に「キーワードを盛り込む」や「結論ファースト」などの対策がありますが、そのほかにも「共起語」や「LSIキーワード」への理解が必要です。

特にLSIキーワードを理解することで、コンテンツがGoogleクローラーから認識されやすくなり、上位表示されやすいブログを作成できます。本記事では、LSIキーワードの概要や重要な理由、具体的な探し方やLSIキーワードを盛り込むメリットなどを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

SEO無料相談会を実施しています

クリックできる目次

LSIキーワードとは?

LSIキーワード(Latent Semantic Indexing)とは、Googleが特許として登録しているキーワードで、単語同士の関連性に基づいてコンテンツ内容を理解する方法のことです。

例えば、野球の記事を執筆する際に「野球ボール」「バット」「グローブ」などのキーワードが出現することでしょう。これらのキーワードをGoogleは認識しており、そのボリュームや記事同士の関連性を読み解きながら、記事を上位表示するか判断しています。

つまり、LSIキーワードを多数含めることで、質の高いコンテンツと判断される可能性があるということです。

共起語との違い

一般的には、LSIキーワードと共起語の扱いは同じです。とはいえ、共起語の方が幅広い意味を持つ単語だと言えます。例えば、前述した例の場合「バット」「グローブ」と言った単語は頻出します。そのため、LSIキーワードとして判断されます。い方で「アッパースイング」や「神主打法」「ダブルヘッダー」などの単語は野球を知らない人からすればメジャーな単語ではありません。とはいえ、関連語として扱われます。

つまり、関連する語句であり出現頻度の高いものをLSIキーワードと呼び、そうでないものを関連語と呼ぶことが多いです。

サジェストキーワードとの違い

サジェストワードとLSIキーワードは役割が大きく異なります。

サジェストワードはGoogleなどの検索エンジンでキーワードを入れた際にセットで活用される語句のことを指しますので、全く関連性のないキーワードが出現することもあります。例えば、「野球」というキーワードを検索した際に「野球ゲーム」がサジェストで出る可能性もあるのです。

もちろん、LSIキーワードとサジェストワードがかぶることもありますが、基本的には全く異なる役割を持つキーワードだと把握しておきましょう。

【考察】LSIキーワードの多さ=専門家が執筆したコンテンツに近くなる?

LSIキーワードを意識してコンテンツに含めることが重要だとされていますが、LSIキーワードとSEOの順位はなぜ関係があるのでしょうか。例えばキーワード含有率では、狙ったキーワードの含有率を5%に設定してKPIを設けているSEO会社も多いです。

LSIキーワードを含めることに検索エンジンがどのような評価をくだしているのでしょうか。あくまでも推測になりますが「LSIキーワード」や「共起語」が含まれていることでそのトピックに精通している、専門家である人物がコンテンツを執筆していると判断できます。理由として、現場で経験した人にしか書けない文章や内容があり、LSIキーワードや共起語はその現場や専門的知見を考慮して判断するキーワードである可能性が高いということです。

例えば、広告運用経験者ではない人が書いた「リスティング広告とは」の記事と広告運用経験者である人が書いた記事では、コンテンツ内で出現するキーワードが異なります。広告運用経験のない人がコンテンツを書く場合は、「広告マネージャー」に関する具体的な方法や注意点、運用で気を付けるポイントなど、現場視点で執筆することは、情報収集していても蒸す香椎事があります。

その点では、広告運用経験者ならではの出現するキーワードなどをGoogleが「LSIキーワード」「共起語」として検知していると考えられます。

LSIキーワードが重要な理由

LSIキーワードはなぜ重要なのでしょうか。

結論、LSIキーワードを記事内に含めることで、記事の質が上がると言われているため、必要となります。後ほどLSIキーワードを活用するメリットの項目でも紹介しますが、Googleが公式に発表している文章においてもLSIキーワードの重要性が謳われています。

LSIキーワードの探し方

LSIキーワードが重要だということは理解いただけたと思います。とはいえ、「LSIキーワードってどうやって探せばいいの?」と疑問を抱える方も少なくないでしょう。

ここでは、LSIキーワードを調べられるツールを4つ紹介します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、広告主が使用するキーワード検索ツールです。こちらを利用すれば、LSIキーワードを探しやすくなります。

具体的には、ターゲットとなるキーワードを入力し、関連するキーワードを抽出。メディアの特性に合わせてキーワードを選定することでLSIキーワードが見つけられます。

LSI Graph

LSI Graphは、関連キーワードを複数抽出できるLSIキーワード検索に特化したツールです。ブラウザ上で利用でき登録も不要のため、必要に応じてLSIキーワードを検索できます。

Ubersuggest

UbersuggestもLSIキーワードを抽出するのに特化したサイトです。50キーワードを無料で検索できます。UIが優れており、検索性が高いという点が魅力です。

ahrefs

Ahrefsは有料のLSIキーワード検索ツールです。こちらに含まれている「Keywords Explorer」という機能を活用するとキーワードを検索できます。

競合と比較した際の難易度や月間検索ボリュームを測れるため、SEOやSXO対策に役立つツールとなっています。

LSIキーワードを使うメリット

LSIキーワードを活用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、3つのメリットを紹介します。

SEO効果がある

Googleはクローラーと呼ばれるロボットを操作し、コンテンツの評価を与えています。その際に多数のキーワードを検知できるように対策するのがSEO対策です。SEO対策にはキーワード選定や他の記事に記載されていない内容を含めるなど様々な方法がありますが、そのうちの1つがLSIキーワードになります。

LSIキーワードを含めるだけでSEO効果があるため、今からでもすぐに取り入れやすい方法です。

SXO効果がある

SXOとは「ユーザー体験最適化」です。ユーザーがブログの記事を閲覧した際に「自分にマッチする内容が書かれている」とメリットを感じ、他の記事も読みたくなる状態にできると「SXO的に良い記事」といえるでしょう。

LSIキーワードを含めることで、より関心の深い読者に共感を与えられる文章が書けます。これは、読者がLSIキーワードを認知し「専門性の高い記事だ」と判断するためです。このように、LSIキーワードを含めるだけでSXO効果があります。

ペナルティ対策になる

コンテンツに大量のキーワードを含めてしまうと、Googleのペナルティ対象になってしまいます。しかし、LSIキーワードを含めることで、「キーワード」のみを多用していないことをアピールできるため、ペナルティ対策になります。

LSIキーワードの活用事例①:新コンテンツのゴール設計

LSIキーワードは、新コンテンツのゴール設計を行う際に必要になります。コンテンツで取り上げるテーマや内容の方向性を決める際、ただ好きなことだけを紹介しても内容は充実しません。

LSIキーワードを事前に把握し記事の方向性を決めることで、読者が求める内容に沿ったブログを設計できます。ユーザーの満足度は上がり、コンバージョン率を上げることにもつながるでしょう。

LSIキーワードの活用事例②:記事に盛り込む

記事内に盛り込むのがLSIキーワードの最も主な使い方です。まずは前述したようなツールを活用してLSIキーワードを抽出します。その中でブログのテーマに沿ったものや、記事内に反映しやすいものをピックアップし、記事内にできるだけ盛り込みます。

そうすることでSEO対策になり、記事を上位表示しやすくなるでしょう。

LSIキーワードの活用事例③:記事リライトに活かす

新規コンテンツを増やすほどPVやコンバージョン率が伸びるわけではありません。中にはリライトしなければならないコンテンツも出てくるでしょう。その際に役立つのがLSIキーワードです。リライト記事にLSIキーワードを含めることで、既存コンテンツのブラッシュアップにつながり直帰率、離脱率を改善できます。

まとめ

本記事では、LSIキーワードの概要や重要な理由、具体的な探し方やLSIキーワードを盛り込むメリットなどを紹介しました。LSIキーワードを活用することで記事の質がアップし、上位表示できるブログを育てられます。本記事で紹介した内容をもとに、LSIキーワードを盛り込んだ記事を作成してみてください。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次