お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

【SEO対策外注】コンテンツSEOを外注するメリットは?費用・選び方も早見表で紹介!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った担当者がいないから、外部アドバイザーが欲しいことも。コンテンツSEOに取り組み、インバウンドのお問合せを増やしていきましょう。

また、良質なコンテンツを制作する方法の1つが、SEO会社に外注するという方法です。とはいえ、どのような外注先を選べば良いか、外注することでどのようなメリットがあるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、コンテンツSEOを外注するメリットやコンテンツSEO外注先の選び方などについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

SEOに関する相談会を実施中です!

クリックできる目次

はじめに結論!コンテンツSEOを外注する場合、月に30万円程度かかる

結論として、コンテンツ制作では記事1本当たり3万円〜6万円程度です。料金はSEO会社によって変動し、文字数によっても変動します。

コンテンツSEOを月に10本外注するとして、3万円✖️10本となるので30万円程度投資することが多いでしょう。また、単月だけでなく継続的にコンテンツ制作を実施する必要があるため、半年間続けるとすると、180万円程度の費用がかかるでしょう。

インハウスでSEOを実施するのか、外注するのかも検討したいところです。

コンテンツSEOは1記事あたり、3万円〜6万円程度かかる
SEO対策の観点から、最低でも60本程度制作する必要があり、月10本制作を半年継続するなどが一般的な取り組み方です。

あわせて読みたい
インハウスSEOを成功に導く企業の条件とは?ブログメディアのメリットやコスト削減方法など徹底解説 SEO対策は外注すれば年間数百万円の費用がかかります。 なるべくコストをかけずにSEO対策を行う方法として「インハウスSEO」があります。うまく活用すれば、自社でSEO対...

コンテンツSEOの記事単価に含まれる内容・プラン

コンテンツSEOを実施する場合、下記内容も標準は含まれています。

ここでは、コンテンツ1本あたりの制作プロセスについて記載します。

調査レポートでは、コンテンツSEOは60本程度制作することで、成果が出やすいと報告された

AIアナリストの調査では、情報提供型コンテンツを59本以上制作することで成果が安定して出せるとまとめています。

参考:https://webtan.impress.co.jp/n/2019/07/09/33295

また、いわゆるコンテンツSEOでは通常のブログ系コンテンツと比較して、CV率も高まる傾向があります。コンテンツSEOに取り組むことで長期的に安定したユーザー獲得が可能となるでしょう

参考:https://webtan.impress.co.jp/n/2019/07/09/33295

コンテンツSEOの外注は、コンサルについでSEO会社にとって粗利が高い

コンテンツSEOで1本あたり6万円程度、かかる場合がありますが、原価は高くても2万円もないでしょう。一般的に1万円前後が相場です。さらに格安記事制作会社であれば、1記事あたり5000円程度で制作することもよくあります。

1記事5000円で制作されるコンテンツだと、そもそも日本語が不自由な場合も多いでしょう。そのため、原価を加味して、適正な価格は1本あたり3万円〜4万円程度が妥当であり、品質は担保されていることが多いでしょう。

SEOディレクターがキーワード選定、記事構成作成、執筆をライターへ外注、納品の流れが一般的です。コンテンツSEOの料金には基本的にこの流れの全ての料金が含まれています。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、質の高いコンテンツを公開することで読者を獲得し、検索エンジンからの集客を狙う方法です。

コンテンツSEOにおいては広告で収益を確保することもでき、自社商品を販売することでも売り上げをつけれます。そのため、ジャンル問わず多くの企業が参入しています。

サイト内にコンテンツを書くことで、キーワードで上位表示させ、潜在ニーズを持つユーザーをサイトに呼び込見ます。

コンテンツSEOにおいて最も重要なことは、ユーザーの求める情報を理解するということです。想定した読者に必要な情報を網羅的に紹介できれば、より質の高いコンテンツが生まれます。多くの企業は読者を理解し、より良質なコンテンツを公開できるようコストをかけているのです。

専門家が語る、コンテンツSEOの落とし穴

コンテンツSEOに取り組めば、インバウンドのお問合せ(顧客からの問い合わせ)が勝手に増えると思ってはいないでしょうか。

コンテンツSEOは、知識がない状態で実施しても、なかなか成果に繋がらないのが近年のトレンドです。それはコンテンツSEOはその名の通り、コンテンツとSEO対策の両方の観点で専門性を持って実施しなければなりません。

コンテンツでユーザーや訪問者にどのような情報を伝えれば、満足度が高く問い合わせに繋げてもらえるか、SEO対策の最新のトレンドに合わせて上位表示するにはどうすればいいのか考えながら実施する必要があります。

そのためには、最低限のSEO対策に関する知識は必須と言って過言ではなく、コアアップデートが頻繁に行われるGoogle検索エンジンを理解する必要があります

コンテンツSEO外注先における3つのタイプ

コンテンツSEOを外注する場合、様々な依頼先があります。ここでは、主な3タイプの外注先を紹介します。


SEO対策専門のSEO会社に依頼することが一般的でしょう。中には、内製化するために個人に依頼することがありますが、社内にSEOの専門知識がある担当者がいない場合は、ほとんどの場合で、遠回りに終わってしまいます。内製化を前提として、SEO会社に依頼することが良いでしょう。

SEO会社

SEO会社は、ライティングとSEO戦略構築までを行う会社です。個人やライティング代行会社と比較して費用は高くなりがちですが、その分高品質で効果のある記事を確保しやすいです。

また、コンテンツ設計からブログ運用までのコンサルティングを行ってくれることも多いので、中長期的に効果を出しやすいでしょう。

こちらでもWebマーケティング代行会社の活用法などを紹介しています。

あわせて読みたい
Webマーケティングの代行サービスをうまく活用するには?選び方やメリットを解説! Web集客を成功させるために必要なのが、マーケティングの知識です。また、知識を保有しただけではWebマーケティングを成功させることはできず、施策の考案、実行、修正...

個人(クラウドソーシング)

クラウドソーシングなどを活用し、個人にコンテンツ制作を依頼する方法があります。こちらの場合、1案件などから対応してくれることもあり、費用を抑えられる点が魅力となっています。

ただし、1人に対して大量の記事を任せられない点や、品質にばらつきがでてしまう点には注意が必要です。

ライティング代行会社

ライティング代行会社は、多種多様ななライターを抱えています。また、ライターに執筆してもらった記事を編集しているため、ある一定の品質の記事を確保することが可能です。

ただし、キーワード選定は自社で行わなければならないことが多く、少し工数がかかってしまうのはデメリットです。

ライティング代行サービスに関しては、以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説! コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も...

コンテンツSEOの外注でできること

コンテンツSEOを行う1つの方法がSEO会社に外注する方法です。ここでは、外注することでできる2つの対策について紹介します。
コンテンツSEOを外注する場合では、コンテンツ制作とともに内部施策の考慮して制作する必要があります。

内部SEO対策

内部SEO対策とは、HTMLタグの最適化やサイト構造の最適化、サイトマップを作成するなど、ブログ内部の対策を行うことを指します。SEO会社に依頼することで、ブログの内部構造をよりすっきりとさせ、読者ファーストなコンテンツを生み出せるようになります。

コンテンツSEOの場合は、特に「タイトルタグ」「見出しタグ」などは徹底的に最適化する必要があるでしょう。そのほかにも、監修者情報の追記や執筆者の紹介、構造化データの設定などによりコンテンツ品質を向上しましょう。

内部施策については下記を参考にしてください。

あわせて読みたい
SEO内部施策とは?|3つの基本施策と15の効果的手法まとめ 【SEOの内部施策とは】 SEOには内部施策と外部施策の2種類があり、内部施策とは主にタグやサイト構造、リンク整備など、自社で行えるものを言います。 内部施策がきちん...

外部SEO対策

外部SEO対策とは、外部のサイトから自社サイトを認めてもらうための対策のことです。外部を対策するのは困難なことで、内部対策よりも難易度が高いと言われています。

具体的には、中古ドメインによるサテライトサイトから、上位表示させたいコンテンツやサイトにリンクを設置するなどテクニカルな対策が必要です。グレーな施策ですが、現在のSEO対策では、外部施策も再び重要視されているトレンドがあります。しかしながら、大手や多くのSEO対策会社では、パンダアップデートでグレー視されていたので、ブランディングの観点から、外部施策は実施しないと公言している企業も多いです。

また、外部施策は、現在重要視されているEATの観点とも深く関係があります。EATの高いサイトや関連サイトからの被ドメイン数を増やすことで、検索順位増加が見込まれます。被リンク数を増やすことで、DR(ドメインパワー)が上昇して検索順位が上がりやすくなります。

DRについては以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
目安は?ドメインパワーとは?DR強化・計測方法・SEO対策で重要な理由も Webサイトの運営は、成果が出るまで時間がかかります。 ドメインパワーはコンテンツの品質と同じくらいに重要度が高い指標です。ドメインパワーを高めることが、SEO対策...

外部SEO対策は、SEO会社によって可否が分かれるため、コンテンツSEOを外注する場合に、どこまで対象範囲か確認しましょう。

あわせて読みたい
SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 【SEO対策で被リンク獲得はなぜ重要なのか】 被リンクとは、自分のサイトが他のページでリンクとし...

コンテンツSEOを外注するメリット

コンテンツSEOは内製することも可能です。とはいえ、外注するメリットも存在します。ここでは、コンテンツSEOを外注するメリットにを3つ紹介します。コンテンツSEOを短期間や長期的に安定して増やすためには、外部パートナーと協力することは必須と言って良いでしょう。

大手企業のHubspotでも、コンテンツ制作をパートナー企業と提携して制作しています。

コンテンツ制作の時間をカットできる

最も大きなメリットは、コンテンツを自社で制作する必要がなくなるということです。自社で内製する場合は、制作に大幅なコストと時間がかかります。また、自社のコンテンツ制作に携わったことのないスタッフを起用した場合、1記事制作するのに3〜4時間かかることも少なくありません。

しかし、外注すれば、膨大な量の記事をリソースを割かずに作成できます。社内リソースは企画開発や本来行わなければならない業務に割くことが可能なので、業務効率化にもつながるはずです。

コンテンツを作るには、キーワード選定から記事構成の作成、執筆、校閲、入稿作業と作業工数が多くかかります。また、コンテンツの順位を加味してリライト作業なども必須になるでしょう。コンテンツSEOは他の内部施策などと比較して時間がかかりますが、アクセスアップに長結する施策になり、インパクトは大きいです。

コンテンツSEOは最適でも60本程度制作しなければ、効果が出ないとも言われているので、初期断機では品質とともに本数もKPIにおきましょう。コンテンツ制作の時間を外部に委託することで、大幅に削減することが期待できます。

質の高いコンテンツを生み出せる

コンテンツ制作のプロに依頼すれば、高品質な記事が納品されるでしょう。特にWeb上のコンテンツは誌面と異なる書き方をします。また、SEOやセールスライティングなどの専門知識が必要となります。

質の高いコンテンツを制作するためにはまず知識を習得することが大切です。その後でコンテンツ制作を行う必要があるのです。時間的コストのことを考えれば外注した方が早く良いコンテンツを制作できるのではないでしょうか。

専門知識がある会社にコンテンツ制作を依頼することで、質の高いコンテンツを制作できます。SEO対策の専門知識がないと上位表示がされにくい現在、専門知識のあるSEO会社に依頼することは、メリットが大きいでしょう。

コンテンツを制作しながら長期的な戦略を立てられる

コンテンツSEOを自社で行う場合、更新に時間と労力がかかります。そのため、分析までは手が及ばないケースもあるでしょう。

ところが、コンテンツSEOを外注すれば、中長期的な戦略も立てられます。専門家に任せることでより大きな効果が出せるケースもあるでしょう。コンテンツを制作してもアクセスに繋がらない、検索順位が思ったより伸びていなことはよく発生します。これはSEO会社の技術というよりも、現在のSEO対策のトレンドで、リライト前提でコンテンツ制作が必要になります。

コンテンツ制作で終わらず、順位を確認しながらリライトすることが重要と言えます。

リライトの考え方については、下記記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
記事作成でリライトの方法とは?SEO効果と記事の選び方を紹介! 自社メディアのコンテンツが充実してきた時にすべきなのが「リライト」です。リライトすることで、記事の質が上がり、アクセスを増やせるケースもあります。とはいえ、...

コンテンツSEOを外注するデメリット

外注することで大きなメリットを得られます。一方で、コンテンツSEOを外注するデメリットも存在します。ここでは2つのデメリットを見ていきましょう。コンテンツSEOを外注することでもちろん外注費は発生します。費用と期待できる効果について考慮して、どれくらいの予算で外注するのか考えてみましょう。

コンテンツ制作に費用がかかる

自社のリソースを使えば発生しないコンテンツ制作費がかかります。もちろん、コンテンツの量を増やすほど外注費は膨らんでいきます。

コンテンツ制作にどのくらいの費用をかけられるのか、事前に計算した上で定期的にコストと照らし合わせながら運営していくことが大切です。コンテンツ制作費用はおよそ1本あたり3万円〜6万円程度かかります。文字数やSEO会社の実績に応じて、費用が変わります。

毎月コンテンツを10本制作するとすれば、月額30万円程度、コンテンツに投資することになります。しかしながら、広告に30万円かけるのであれば、コンテンツに同じ金額を投資して、企業のマーケティング資産を創る意味では中長期的な戦略で非常に有効です。

一方で、コンテンツSEOを1記事当たり1万円前後で外注できる会社もありますが、SEOの分析をしっかりとされずに記事が納品されることが多いので、相場に合わせた価格が安心できます。

格安記事では、1記事1000円程度で未経験のライターが執筆していることが多く、記事品質の観点でも良いものは作れません。その場合は自社で担当者が修正するコストが発生するので、少なくとも3万円程度であれば、記事品質とSEOの観点で良いものが納品されるでしょう。

最低でも60本程度制作する必要があり、長期的な施策になる

コンテンツSEOで成果を出すには中長期的に継続して運用する必要があります。検索エンジンにサイトが評価されるにはどうしても時間がかかってしまうためです。

そのため、コンテンツSEOを始める前にまとまった製作費を用意して、長期的にコストをかけながら成長させていく必要があります。コンテンツ制作本数は最低でも60本〜100本程度必要であり、ある程度記事を書かないとGoogleに専門性を認識されづらくなります。

まずはコンテンツの本数を増やして、評価される土俵に乗せて、次に品質をよりリライトなどを通して高めていくといった施策が効率が良いでしょう。また、コンテンツ同士の内部リンクを設定して、EATを高めることも合わせて重要になります。

コンテンツSEO外注先の選び方

コンテンツSEOを外注する場合、様々な依頼先があります。ここでは、こんてんつSEOを外注する際の選び方についてみていきます。

サービス内容を確認する

会社によって対策してくれる内容が異なります。例えば、A社は内部対策専門で、B社は総合的にコンテンツSEOをフォローしてくれるなどです。まずは、自社が求めているコンテンツSEOの戦略と選ぶべきサービス内容がマッチしているかをしっかりと確認しましょう。

サービス内容を確認することで、コンテンツ制作の他に何ができるのか確認しておきましょう。

得意分野を確認する

コンテンツマーケティングの得意分野は外注先によっても異なります。コンテンツ制作においてはキーワード選定、競合・市場調査、記事作成など様々な業務があります。

そのため、自社リソースでどこまでを担当するのか、コンテンツSEOにおいてどの部分で頼りたいのかなどを明確に決めてから外注する必要があるでしょう。ジャンルによっては対応できないこともあります。

例えば、クレジットカードなどの金融関係や薬機法が関連するキーワードなど「YMYL」と呼ばれるジャンルは、対応不可の会社も多いです。監修費用が発生する場合は、記事制作に加えて追加で2~3 万円程度かかることが一般的でしょう。

最後に、コンテンツSEOについてよくある質問(FAQ)

記事の最後に、コンテンツSEOについてよくある質問をピックアップして回答します。

コンテンツSEOで成果が出るまで、どれくらいかかりますか?

一般的には、最短で4ヶ月〜はかかると言われています。また、ビックキーワードを狙う場合は、コンテンツに加えてドメインの強さ(DR)も必要になるため、集中して運用しても、最短で2年程度は要すると言われています。

まずは100記事書けと言われましたが、コンテンツは何本ぐらい書けば良いでしょうか?

100記事はライティングに慣れるための目安とも言われており、過去にまずは100記事書くというのが言われていました。SEO視点でもインデックスボリュームは最低で60本程度は必須(AIアナリスト調査を参照)と言われています。

コンテンツSEOの費用相場はどれくらいですか?

1本あたり3万円〜4万円程度が相場です。最低記事本数10本以上など設けている会社も多いため、ミニマムでも30万円以上は必要です。成果を出すには60本程度を目安として、180万円程度が相場となります。

まとめ

本記事では、コンテンツSEOを外注するメリットやコンテンツSEO外注先の選び方などについて紹介しました。コンテンツSEOを外注することで、より質の高いコンテンツを生み出せるようになります。

費用はかかりますが、全く知識のない場合は自社でコンテンツSEOをやるよりも成果を出しやすいでしょう。

「自社サイトのSEO対策を外注したいけど料金の相場が分からない」

「SEO対策を外注したいけどどのような対策をしてくれるか分からない」

「SEO対策を自社で行うか外注で行うか検討している」

SEO対策をこれから始める場合、このような疑問や問題を抱えていませんか?今回の記事では、そのような疑問や問題を解決するために、SEO対策の外注の種類と費用の相場、外注するメリットについて解説していきます。

是非、最後までご覧ください。

SEO無料相談会・無料分析を実施中です!

外注費用の前に|そもそもSEO対策とは?

SEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジンの最適化)の略です。

SEO対策を簡略的に説明すると、Google・Yahooなどの検索エンジンである特定のキーワードで検索された際に上位に表示されやすくなるように対策することです。

SEO対策の方法には、大きく分けて3つあり、コンテンツの作成やコーディング最適化の内部SEO対策、被リンクの獲得などの外部SEO対策などがあります。コンテンツ制作はSEOの中でも重要であり、サイトへの流入数に最もインパクトを与えます。コンテンツで上位表示を目指して、上位表示したコンテンツを多数設けることで、検索流入数の増加を目指せます。

一方で内部施策では、Googleがページ情報を読み込む際に「Titleタグ」「見出しタグ」など主要なページ情報を優先的に読み取ります。内部施策でGoogleが認識しやすいサイトを構築することで、ページ情報を100%伝えられるようになるのです。

外部施策では、簡単に説明すると「自社サイトが他のサイトからどれくらい紹介されているか(リンクされているか)」という指標です。他のサイトに多数リンクされることで、信頼性のあるサイトであるとGoogleに認識させられるため、上位表示されやすいサイトになるのです。

このSEO対策をしっかりと行うことでより多くの人にサイトを拝見してもらうことができ、流入数の増加を促して、CVの獲得を狙うことができます。

あわせて読みたい
【SEO対策外注】コンテンツSEOを外注するメリットは?費用・選び方も早見表で紹介! コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った担当者がいないから、外部アドバイザーが欲しいことも。コンテンツSEOに取り組み、イ...
あわせて読みたい
SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 SEO対策の外部施策|被リンク獲得、外部施策手法大全・注意点も解説 【SEO対策で被リンク獲得はなぜ重要なのか】 被リンクとは、自分のサイトが他のページでリンクとし...
あわせて読みたい
SEO内部施策とは?|3つの基本施策と15の効果的手法まとめ 【SEOの内部施策とは】 SEOには内部施策と外部施策の2種類があり、内部施策とは主にタグやサイト構造、リンク整備など、自社で行えるものを言います。 内部施策がきちん...

【早見表】SEO対策の種類と外注する場合の費用相場について

実際に外注する際のSEO対策の種類について解説していきます。外注のSEO対策には以下の4種類があります。

項目詳細費用相場期間目安
SEOコンサルティングSEOに向けたサイト設計
カテゴリ設計
構造化データの初期設定
内部施策の初期設定
自社・競合分析
20万円〜100万円程度
※範囲によって大幅に変動

弊社:10万円(もしくはコンテンツ料金に含む)
3ヶ月〜
コンテンツSEOキーワード選定
記事構成作成・ライティング
記事制作・アップロード
1記事あたり3万円〜10万円程度

弊社:一律3万円(5000文字)
6ヶ月〜
内部SEO対策各種コーディングの最適化20万円〜50万円

弊社:コンテンツ料金に含む
3ヶ月〜
外部SEO対策被リンク獲得代行
被リンク獲得のコンサルティング
5万円〜20万円
弊社:コンテンツ料金に含む
6ヶ月〜
インハウスSEO(内製化プラン)全12回SEO内製化プラン50万円〜120万円程度(3ヶ月〜5ヶ月)

弊社:50万円(6ヶ月)
6ヶ月〜

上記についてそれぞれ料金の相場も合わせて解説していきます。

あわせて読みたい
インハウスSEOを成功に導く企業の条件とは?ブログメディアのメリットやコスト削減方法など徹底解説 SEO対策は外注すれば年間数百万円の費用がかかります。 なるべくコストをかけずにSEO対策を行う方法として「インハウスSEO」があります。うまく活用すれば、自社でSEO対...

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングでは、ビジネス理解を通してSEO戦略の立案をサポートします。

SEOコンサルティングでは、自社に専門知識がなく何をしたらいいか分からない方におすすめです。

外注先にもよりますが、基本的にはコンサルタントがサイトの解析や競合サイトの調査、キーワードの調査をして、その上で検索エンジンで上位を取るための対策方法を提案してくれます。コンサルティングのため、提案のみで実働は別料金といった企業がほとんどです。会社によってはSEOコンサルティング費用に実働内容も含まれている場合があるため、問い合わせて確認してみましょう。

具体的には「キーワード選定」「サイトの階層構造の設定」「カテゴリ設計」「現状分析と競合分析」などがコンサルティングに含まれることが多いです。

SEOコンサルティング詳細
内容Webサイトの現状分析および競合分析
キーワード選定
内部施策の最適化
期間6ヶ月以上
初期費用10万円~30万円
月額費用20万円~50万円
サイト制作100万円~200万円

SEOコンサルティングの料金の相場

SEOコンサルティングの費用の相場は200,000円から1000,000円(月額)となっております。

こちらは、あくまで相場です。大規模のサイトの場合や、競合サイトが強い場合は1,000,000円(月額)を超える時もあります。SEO会社によってコンサルティング費用は大きく変わるため、見積もりを集めて比較すると良いでしょう。

大手のSEO会社ともなると、ブランド料が発生することが多く、実際はそこまで動かないけど高額な月額料金が発生することがあります。価格に対して、どこまでコンサルティングに含まれるのかを確認しましょう。

コンテンツSEO

コンテンツSEOは、SEO対策に重要なコンテンツの作成をしてくれます。

コンテンツを制作することで、キーワードで上位表示を獲得して潜在的なニーズを持った検索ユーザーを多数自社サイトへ流入させられます。キーワード選定から競合分析、記事構成(骨子)の制作、ライティング、校閲の流れを持って、上位表示を獲得できる記事を作成するため、ただ「自社の発信したい情報」を執筆するだけではSEOにおいて上位表示は見込まれません。

ライターに依頼するのと変わらないように見えますが、最短でSEOの効果ができるようにコンテンツSEOはライターとは違い自社サイトの解析や競合サイトの調査・キーワードの調査を行いどのようなコンテンツが必要かの提案も行ってくれます。

コンテンツ制作のリソースが足りないため、外注したいといった方にお勧めでしょう。

SEO記事制作詳細内容
サービス内容キーワード選定から記事構成作成・執筆・校閲まで
記事単価3万円~6万円
期間6ヶ月以上
ロット数毎月5本以上

コンテンツSEOの料金の相場

コンテンツSEOの料金の相場は1記事あたり3万円〜7万円程度でしょう。記事の文字数によって変動することもありますが、基本的には3000文字〜5000文字で上位相場程度に収まります。

コンテンツSEOも企業によって価格が大きく変動しやすいでしょう。しかしながら、3万円のコンテンツと7万円のコンテンツで原価はそこまで変わらないため信頼できる企業に外注するというのが一番いいかもしれません。

基本的には、1ヶ月5本以上で最低契約期間を6ヶ月程度設けている会社が多いです。

あわせて読みたい
【SEO対策外注】コンテンツSEOを外注するメリットは?費用・選び方も早見表で紹介! コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った担当者がいないから、外部アドバイザーが欲しいことも。コンテンツSEOに取り組み、イ...

内部SEO対策

内部SEO対策とは、サイトの中身を検索エンジンに評価されやすくするための対策です。

サイトを最適化することによって、検索エンジンに評価される上にその後の対策もしやすくなります。

こちらの依頼は、サイトをとりあえず作ったけど何も対策をしてない方や自社でSEO対策しても思ったより効果が出ない方におすすめです。

内部SEO対策の料金の相場

内部SEO対策の費用の相場は200,000円から500,000円となっております。

ページ数が多い大規模のサイトの場合や、競合サイトが強い場合は1,000,000円を超える時もあります。

外部SEO対策

外部SEO対策とは、「被リンク獲得」や「バックリンク獲得」とも言われています。

実績があるサイトにリンクを設置することによって、検索エンジンにより評価されるようになります。現在のSEO対策ではコンテンツ重視と言われることもありますが、依然として被リンクが重要なケースが多いです。ドメインによって評価のされやすさが変わるため、被リンク獲得もSEO対策の一環として取り組む必要があります。

弊社では、外部施策のコンサルティングも実施しておりますのでこちらからお問い合わせください。

外部SEO対策の料金の相場

外部SEO対策の費用の相場は10,000円から200,000円(月額)となっております。

外部SEOでは後程説明に出てくる成果報酬型を取る場合もあります。

【支払い形態】SEO対策の外注費用を支払う3つの方法

ここまでSEO対策の外注の種類と費用の相場について解説してきました。

次にSEO対策の報酬の支払い方法について解説していきます。

SEO対策の報酬の支払い方法は、

・サブスクリプション

・一括払い

・成果報酬

の3種類があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

月額課金:「コンテンツSEO」「SEOコンサルティング」「内部施策」「外部施策」

月額課金制はSEO対策で多く用いられており、「コンテンツSEO」「SEOコンサルティング」「内部施策」「外部施策」が該当します。コンテンツSEOの場合は、月に何本コンテンツを作るかと、記事単価で決まります。SEOコンサルティングでは、スポット(単月)で実施されることもありますが、基本的には3ヶ月契約や半年契約で月額課金制が用いられることが多いです。

内部施策や外部施策もSEOコンサルティングと同様に、月額課金制で3ヶ月や6ヶ月契約で毎月サイト内容をGoogleに評価されやすいサイトに最適化したり、被リンクを獲得するなど継続的な施策になります。

SEO対策そのものが、単月で成果が出るマーケティング施策ではないため、数ヶ月や数年伴走し続けてくれる、SEO会社を選ぶことが重要です。

一括支払い(スポット・単月払い):「SEOコンサルティング」「テストライティング」「内部施策」

「SEOコンサルティング」「テストライティング」「内部施策」などが一括払いに対応していることが多いでしょう。SEOコンサルティングでは、一括払いで修正指示やサイト構造の見直しなどを実施して、納品する形式をとることがあります。

また、テストライティングとは「コンテンツSEO」のお試し版といった内容です。3本程度まずは様子を見て初めて見たい方に有効な初め方です。実際にコンテンツを数本製作して、アップロードすることができます。

しかし、コンテンツSEOでは、平均して50本〜100本程度記事を制作しなければ、わかりやすい成果は出ないことがほとんどです。(というか90%のサイトで成果は出ません。)あくまでもテストライティングは、取引前にどのような品質で記事を制作してくれるのか確認するために利用しましょう。

テストライティングも承っておりますので、お気軽にこちらからお問い合わせください。

成果報酬:「コンテンツSEO」

コンテンツSEOでは、成果報酬のプランを取ることがあります。成果報酬型ではSEO会社の「闇」であることが多く、競合性の低いキーワードでお問い合わせにもつながらないキーワードが10位以内にランクインするだけで、月額で15000円〜500,000円程度請求があります。また、検索ボリュームが200程度のキーワードでは、10位程度にランクインしてもほとんどクリックされず、平均値で「2」流入されれば良いほうでしょう。

流入がほとんどないキーワードで上位表示して、請求されるといった悪循環を引き起こします。また、さらに悪質な場合は、コンテンツの著作権を付与されないことがあるため、成果報酬プランで制作した記事は、成果報酬プランを解約する際に、もう一度買い取ることもなり可能性があります。

SEO会社にとって成果報酬は美味しいプランであることが多いですが、成果を出すためには成果報酬でSEOを実施しないことをお勧めします。

SEO対策に予算・費用を投資すべきタイミングとは

SEO対策に予算をかけるべきタイミングがあります。例えば、スタートアップで新規事業を行う場合、いきなりSEO対策に多額の予算を投じることは少ないでしょう。それは、Web広告やアウトバウンドコールなどの方が短期間でリード獲得ができ、制約に結びつきやすいためです。

SEO対策はあくまでもユーザーに良いコンテンツを提供した結果上位表示される仕組みであるため、広告のように費用をかければ上位表示してリード獲得できるような「即効性」は期待できないと考えた方が良いでしょう。

その前提をもとに以下でSEO対策に予算を投じる適切なタイミングの例について解説します。

広告運用でリード獲得が安定した時

SEO対策に予算を投じる適切なタイミングは、広告運用でリード獲得が安定した時です。理由として、広告運用は即効性のあるリード獲得施策であるため、広告サイドのリード獲得が安定し始めれば、他のマーケティングチャネルへの投資も見込まれて、「SEO対策」という選択肢が出てきます。

広告運用でも、費用対効果の高い今すぐ客を獲得するキーワードはどこか、CPCの低い成約キーワードはないか、ユーザー離脱を最小限に抑えられるLPデザインになっているかなど考えて最適化する必要があります。

広告によるリード獲得から成約までの勝ちパターンが見え始めたら、事業の売上も安心できます。

広告サイドが安定し始めれば、成約数がゼロになる心配なくSEOに予算を投じられるでしょう。

広告以外にリード獲得チャネルをリスクヘッジしたい時

広告でリード獲得が安定しても、現在のCPAで継続してリード獲得できるかはわかりません。大企業の参入によって、CPCが上昇してCPAが簡単に高騰してしまいます。

そのようにリード獲得単価が上がる前にリスクヘッジとして、SEOに予算を投じることも重要です。

SEO対策に費用をかける場合、外注するメリットは?

SEO対策はネットを検索したら基本的な方法が出ているので、基本的なSEO対策は自社内で行うことはできます。

しかし、そんな中でもSEO対策は外注した方が多くのメリットがあります。

SEO対策を外注するメリットとしては、

・SEO対策の専門家が対応してくれるので確実に効果でる

・社内のリソースをさかなくてもよくなる

・競合調査をしっかりとしてくれるため最短で効果がでる

の3種類があります。

それぞれ詳しく解説していきます。

SEO対策の専門家が対応するため、成果が出るまで最短ルートがわかる

SEO対策の専門家がコンサルティングや実働してくれるため、成果を出すまでの期間が短くなります。自分でSEO対策を調べながら実施しても、いつまでも上位表示がされないことがあります。

これは、プロのSEOコンサルタントが実施しても上位表示させるには相当の労力がかかるため、独学でSEO対策を実施することはお勧めしません。

最低でもSEO対策で効果が出るまでは4ヶ月以上必要と言われていおり、競合性の高いジャンルでは2年以上かかることがあります。まずは自社サイトの現状分析を行い、どのようなキーワードで対策すれば良いか知っておくことが大切です。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。

社内のリソースを削減できる

SEO対策を外注する際のメリットの二つ目は、「社内のリソースを削減できる」ことです。

SEO対策は自社サイトの分析や競合調査などに時間かかります。キーワード選定を実施して、コンテンツSEOを実施する前に現状を理解してどのような戦略を取れば良いのか明らかにする必要があるからです。

現状分析を実施するにしても、SEOの外部ツールを使いこなして分析を行う必要があるため、独学では難しいことが多いです。インハウスSEOでも作業工数が多いため専任の担当者が必須になるでしょう。

また、SEO対策で最も工数がかかる施策がコンテンツSEOでしょう。コンテンツSEOはキーワード調査から記事構成(骨子)の作成、ライティングのフローを取ることで、上位表示が可能なコンテンツになります。

キーワードごとに分析を行いコンテンツを書くことは専任で知見がない限り、多大な労力がかかります。

競合調査をしっかりとしてくれるため最短で効果がでる

SEO対策を外注する際のメリットの三つ目は、「競合調査をしっかりとしてくれるため最短で効果がでる」です。

SEO対策は競合調査が命です。SEO対策を本業としている人たちは専用の解析ツールを使用しています。先ほど紹介した通り、解析ツールを利用することで精度の高い現状把握や競合分析、ロードマップの策定が可能になります。

将来的にインハウス化をする上でも、初めは外注することも良いでしょう。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

SEO対策に費用をかける上で外注先を選ぶポイント【失敗しないコツ】

SEO対策には、ここまで紹介してきたように少なくない金額がかかります。

項目詳細費用相場期間目安
SEOコンサルティングSEOに向けたサイト設計
カテゴリ設計
構造化データの初期設定
内部施策の初期設定
自社・競合分析
20万円〜100万円程度
※範囲によって大幅に変動

弊社:10万円(もしくはコンテンツ料金に含む)
3ヶ月〜
コンテンツSEOキーワード選定
記事構成作成・ライティング
記事制作・アップロード
1記事あたり3万円〜10万円程度

弊社:一律3万円(5000文字)
6ヶ月〜
内部SEO対策各種コーディングの最適化20万円〜50万円

弊社:コンテンツ料金に含む
3ヶ月〜
外部SEO対策被リンク獲得代行
被リンク獲得のコンサルティング
5万円〜20万円
弊社:コンテンツ料金に含む
6ヶ月〜
インハウスSEO(内製化プラン)全12回SEO内製化プラン50万円〜120万円程度(3ヶ月〜5ヶ月)

弊社:50万円(6ヶ月)
6ヶ月〜

月額では数十万円ほどが多いですが、最適契約期間が3ヶ月や6ヶ月、場合によっては1年間ほど設けられていることもあるため、年間予算ではゆうに100万円を超えるでしょう。

そんな中で、外注先を失敗した場合は、発注者側に大きなダメージが残ります。

ここでは、SEO会社に外注する際に失敗しないポイントやコツを徹底解説します。

サイトの現状分析と競合分析をしっかりと行なってくれるか

SEO会社がサイトの現状分析や競合分析をしっかりと行なってくれるかどうかは、提案の質に関わるため重要と言えます。分析が得意でなく、コンテンツ制作がメインのSEO会社も多いため、「自社サイトの現状と競合サイトとの差分はどれくらいあるのか」相談してみることもいいでしょう。

また、SEO対策ではサイトのドメインレート(DR)によって施策内容が変わります。DRが高いほど上位表示されやすくなりますが、一方でDRが低いければ上位表示されにくいため、DRをそもそも上げる施策が重要になります。

自社サイトに適切な競合性で戦うことが重要になるのです。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。

コンテンツの量しか重要視していない

コンテンツSEOにおいて、Googleから評価されるようになるには、まずは50〜100記事を用意すべきとよく言われます。インデックスバリュームの観点からコンテンツの量をKPIに置くことはあながち間違いではありません。

しかし、Googleはコンテンツの質も重視しており、良質なコンテンツを充実させれば上位表示に繋がりますが、SEO視点で低品質なコンテンツをいくらアップロードしても上位表示は期待できません。会社を選ぶ際には、過去に執筆したコンテンツを確認し、質まで重視しているかどうか、十分にチェックしたうえで依頼しましょう。

そのためには、記事制作をどのようなプロセスで実施しているのか担当者に確認しても良いでしょう。契約前にサービスについて会議を実施して、どのようにコンテンツ制作を行い、品質を保っているのか確認しましょう。

ここについて、うまく返答できない会社は、コンテンツ数を重視するあまり質が疎かになっている場合もあるかもしれません。

何をしているのか共有されない

SEO対策の効果がどれくらい出ているかをクライアントに伝えるため、普通なら月に1回ペースで定例会があることが多いです。

しかし、会社によってはその報告がなく、どれだけの成果が出せているのかわからないことがあります。そのため、定例会など成果の報告の場を設けているかどうかは必ず確認しましょう。

また、すでに依頼をしているなら、業者に対して、成果を達成するために具体的にどういったことをしているのか率直に聞いてみることも大切です。場合によってはその場しのぎの対策をしていたり、そもそも成果を改ざんしていたりすることも考えられます。

SEOコンサルティング会社に依頼をする場合は、業者に頼りすぎず、自社でも効果測定を行ってどれだけの成果を出せているのか把握して、業者からの虚偽の報告を防ぎましょう。加えて、納品物の遅れがないかどうかも業者選びにおいて大切です。

一度遅れが発生すると、だんだん納期の遅れが増えて納期を守らなくなったり、遅れの日数が長くなったりして、お金を払っているのにそれに見合った仕事が期待できなくなります。

最新情報を追えていない

SEO対策という言葉が広まり、Webサイトの運営者はGoogleのアルゴリズムに応じた対策を行っていることから、Googleの検索アルゴリズムも日々アップデートを繰り返しています。

そのため、古い知識ではサイトのアクセス改善が期待できません。

したがって、SEOコンサルティング会社に依頼する場合は、どれだけ担当者がSEO対策における最新の情報を理解しているかどうかも確認しましょう。

【コンサルが正直に語る】SEO対策に外注費用をかける前に確認したいこと

SEO対策は正直なところ、全てのWebサイトで成果が簡単に出せるとは限りません。昨今のSEO対策やGoogleアップデートのトレンドから企業ドメイン(co.jpドメイン)が通常のドメインより評価される傾向にあるのです。

そのため、ドメインランクが低いサイトでco.jpドメインでない場合は、SEO対策で成果が出るまでに通常より労力がかかります。可能であればSEO対策に100万円かけるより、まずは「co.jp」にサイトをリダイレクトした方が成果が出る可能性も大いにあるのです。

すでに.comドメインで検索流入を多数得ており、検索流入による月間のお問合せ数も獲得できている場合はリダイレクトは不要ですが、これからドメインを育てて、SEO対策を行う場合は、数年間の取り組みは最低でも必要になると考えましょう。

SEO対策の外注費用でよくある質問

SEO対策で料金が会社によってかなり違う理由はなぜ?

SEO対策は会社の実績や著名コンサルタントの有無、ブランド名によって大きく変動します。もちろん上場しているSEO会社も国内に数社ありますが、中小企業やSEOベンチャーの方が対応してくれる範囲が広いことが多いです。

大手では粗利率重視に対して後発の中小企業は「対応の幅」重視と言えるでしょう。

どの会社に依頼するにしても、自社の目的や予算に合うのかまずは、問い合わせることが最重要です。

SEO対策を以前依頼していたのですが成果が出ませんでした。

SEO対策の特に成果報酬型プランの場合は、放置されることが多々あります。コンテンツを数本用意して被リンクを設定して上位表示すれば課金といったやり方です。

しかし、正攻法のSEO対策を実施しても成果が出ないことがあります。対象サイトのドメインパワーや特殊ドメイン(co.jp)であるかどうかも成果に大きく左右するため、成果まで時間がかかる場合もあります。

Appendex:SEOコンサルタントはサービス提供する際にどんなことをするのか?

SEOコンサルティングはSEO対策に関する相談に乗ってくれるサービスですが、具体的にはどんな業務を行っているのでしょうか。具体的な業務内容を見ていきましょう。

SEO戦略を考えてロードマップを作成する

企業によって、アクセス数を増やしたい、サービスの認知度を上げて来店につなげたいなど、Webマーケティングを実施する目標が異なるのは当然です。

それに、サービスの認知度や企業の規模によってKPIも変わってくるでしょう。SEO戦略を立てるには、目標・KPIに応じたものを設定する必要があります。

そこでSEOコンサルティングではまず企業ごとの目標・KPIをヒアリングし、それに合わせたSEO戦略を提案をします。

クライアントのサイトを現状分析して、可能な施策を提案

SEO施策と言ってもHTMLを見直す内部対策や、コンテンツを充実させるコンテンツ施策など様々な施策があります。

基本的にはセッションやユニークユーザーといった指標を軸に改善提案を行いますが、最近では、流入だけでなくCVRの改善などUI・UXに関わる部分も提案に含まれます。

企業によって抱えている課題は異なるので、SEOコンサルティングでは、施策対象となるWebサイトの仕様や、担当者の状況を理解したうえで、クライアントの希望に応じた施策を提案するだけでなく、実装まで行います。

Webマーケティング施策を提案

SEOコンサルティングはSEOに限らず、Webマーケティング全体のアドバイザーとして運営しているサービスが多いです。

Webマーケティングの施策には、SEO以外にもさまざまなものが存在します。

そのため、PPC広告やアフィリエイトなど広告の仕組みも最低限頭に入っていることが前提です。

例えばクライアントから、「SEOと広告運用、どちらを優先的にするべきか?」といった相談を受けた場合、SEOコンサルタントは、SEOとそれ以外のプロモーション手段との違いを理解しながら、クライアントにあったWebマーケティングの手法を提案します。

PDCAを回しながら施策を行う

PDCAとは、
Plan…計画
Do…実行
Check…評価
Act…改善

の頭文字を取った言葉で、業務改善に用いられる考え方です。

ただSEO戦略を練って実行に移すだけでは、SEO施策を実行したところでどれだけの効果が得られたかわからないでしょう。

そこでSEOコンサルティングでは、戦略を練って実行に移すだけでなく、その後も施策による効果を測定したうえでさらに課題を洗い出し、よりマーケティングの効果を得られるように改善していきます。

PDCAに基づいたSEO対策の実施例

SEO戦略におけるPDCAのイメージがつかない方もいるかもしれません。それぞれの段階で具体的にはどのように施策を実施していくのでしょうか。

そこで、SEO施策では段階ごとにどのように業務を進めていくのか見ていきましょう。まずPlanの段階では、課題の洗い出しを行い、どれくらいのコンバージョンを目標とするか、どんな層を狙ってキーワードを設定し、コンテンツを充実させていくかなどを決めていきます。

Planが終われば次はDo(実行)です。前の段階で立てた戦略を実施し、Webサイトのコンテンツを充実させたり、WebサイトのHTMLを最適化する内部施策を実施したりします。

Doが終われば、効果測定を実施し、Checkの段階に入ります。この段階では、アクセス解析ツールを用いて、どんなキーワードを検索した人が自社サイトに流入してきているか、どれくらいのコンバージョンが得られているのかなどを確認します。

この作業によって、実際に自社サイトを見ている人はどんな層なのかなど、改善のためのヒントが見えてきます。

そしてCheckでわかったさらなる課題を洗い出し、改善(Act)をしてまた、Planに戻ります。Webサイト運用はこのPDCAサイクルを繰り返して行われます。

SEO対策は外注すると効率的な運用が可能になる

今回の記事では、SEO対策の外注の種類と費用の相場、外注するメリットについて解説して来ました。

SEO対策をすることは、インバウンドマーケティングの体制を構築して将来的な営業コストやマーケティング費用を削減することに繋がります。検索流入で継続して安定したリード獲得を可能にするにはSEO対策への取り組みと施策の重要性への理解が必要不可欠と言えます。

ぜひ今回の記事を参考にして、SEO対策の外注を考えてみてはいかがでしょうか。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次