お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

キラーコンテンツの使い方を解説!CVを高める作成手順とは?

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

コンテンツマーケティングにおいては、キラーコンテンツを制作することで、より成果を出しやすくなります。とはいえ、通常のコンテンツとキラーコンテンツの違いがわからず、どのように活用すれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、キラーコンテンツの制作方法や、活用方法、作成のポイントなどを詳しく解説します。ぜひ参考にしてみて下さい。

クリックできる目次

キラーコンテンツとは?

キラーコンテンツとは、ターゲットに対して大きな価値を与え、コンバージョンを高めるコンテンツのことです。「キラー」と聞くと、あまり良い印象を抱かないかもしれませんが、Webマーケティング的には「よくできた素晴らしいコンテンツ」という意味を持っています。

キラーコンテンツの作成方法

キラーコンテンツを作成する場合、どのような手順で作っていけば良いのでしょうか。ここでは、キラーコンテンツの作成方法を紹介します。

CVが多く発生しているページを洗い出す

まずは、CVが多く発生しているコンテンツを洗い出す必要があります。キラーコンテンツの最終目標はCVを高めることなので、最初からCVが取れているコンテンツをキラーコンテンツに変換した方がより効果を見込みやすいのです。

コンテンツのCVを確認する場合は、Googleアナリティクスで確認できます。

顧客が持つ悩みの仮説を立てる

次に、CVが発生しやすいコンテンツに対して、どのような悩みを持つ顧客がいるのかを考えます。例えば、ツールの資料請求をCVとしているなら、その資料を欲しいと考えている顧客がどのような情報を欲しているのかを考えます。

  • 他のツールと比較してどのような点が優れているのか
  • 費用対効果はあるのか
  • 基本的な知識だけでなく専門的な内容まで記載されているのか

これらの悩みを解決するコンテンツがキラーコンテンツになります。

コンテンツを制作する

最後は、実際にコンテンツを制作しましょう。前述のステップで悩みを理解したら、コンテンツにはどのような内容を含めたらいいのかを考えます。

例えば、「他のツールと比較してどのような点が優れているのか」という悩みに対しては自社ツールとその他競合のツールを比較する記事を紹介した方が良いですし、「費用対効果はあるのか」を解決するためには、それぞれの費用比較を紹介すれば良いでしょう。また、キラーコンテンツをSEO対策で上位表示するには、被リンク獲得も重要度を増しています。

このように、キラーコンテンツに必要な情報をリストアップしながら、コンテンツを制作していくことが重要なのです。

コンテンツ制作の手順については以下の記事でも紹介しています。

あわせて読みたい
コンテンツ企画の制作手順|記事作成は外注すべき?内製がいい? コンテンツ企画はコンテンツマーケティングを成功に導く重要なポイントです。コンテンツ制作においては目的設定が重要ですが、どのように設定すれば良いのかわからない...

キラーコンテンツの活用方法

キラーコンテンツを制作後、どのように活用すればよいのでしょうか。ここでは、主な活用方法を3つ紹介します。

内部リンクでキラーコンテンツに流す

まずは内部リンクでキラーコンテンツにつなぐという方法です。多くのアクセスを得ているコンテンツから関連記事などを添付しながら、コンテンツに流入させることで、よりキラーコンテンツを活用できるようになります。

とはいえ、キラーコンテンツ自体のSEOも狙いながら、同時並行でキラーコンテンツに流入を増やすことが重要です。

リターゲティング広告を出稿する

複数回訪問しているユーザーに対してキラーコンテンツへのアクセスを促すリターゲティング広告を出稿することもおすすめです。

直接キラーコンテンツへのアクセスを増やせるため、より効果的にコンテンツを伸ばせます。

メルマガやDMで紹介する

メルマガやDMでキラーコンテンツを紹介する方法もあります。DMやメルマガに登録しているユーザーはサービスに対して興味を持っている可能性が高いです。そのため、見込み客に対して適切に情報を共有できるため、効果が出る可能性が高くなります。

また、ターゲットに対してコンテンツを配信することで、アクセス数だけでなくCVにつながる可能性を高められます。

キラーコンテンツ作成のポイント

キラーコンテンツはどのように作成すれば良いでしょうか。ここでは2つの作成ポイントを紹介します。

キラーコンテンツだけを作成しない

最も重要なポイントは、キラーコンテンツのみを作成しないということです。キラーコンテンツは成果を出しやすいですが、単体だけではコンテンツを表示させることは難しくなります。

また、全てのコンテンツをキラーコンテンツにしてしまうと、読者は押し売り感が強いブログだと感じてしまい、固定読者になってくれない可能性があります。

そのため、キラーコンテンツだけでなく純粋なお役立ち記事なども公開し、連携させることでキラーコンテンツの価値を最大化できるのです。

顧客にとって重要な情報を盛り込む

見込み顧客に対して重要な情報を提示できなければ、キラーコンテンツとして役立ちません。例えば、ツールの導入を検討している場合、検討の際に必ず必要な「価格」「効果」「強み」
などの情報が抜けていると、コンテンツとしては不十分でしょう。

しかし、自社の都合に合わせて「価格」の項目を削除してしまっているメディアも中にはあります。このようにコンテンツを設計していると、読者はコンテンツに不十分さを感じてしまい、キラーコンテンツにはなりません。

あくまで読者にとってメリットのある形でコンテンツを形成していくことが重要なのです。

キラーコンテンツの例

キラーコンテンツになりうる具体例を紹介します。

商品紹介ページ

顧客の目線に立って制作された商品紹介ページはキラーコンテンツになります。また、競合他社のものも加えた複数の商品を比較している商品紹介ページは質の高いコンテンツになりやすく、読者満足度を高めることにもつながります。

導入の事例

製品・サービスの利用者が導入した事例もキラーコンテンツになりやすいです。「導入することでどのような未来があるのだろう」と疑問を感じている読者には効果的です。

お客様の声

実際に商品を購入したお客様の声や口コミなども、キラーコンテンツになりやすいです。ただし、自社にとって都合の良い情報だけを盛り込んだコンテンツは「情報操作」だと感じられてしまうため、注意が必要です。

アンケートや調査

アンケートや調査によって商品の評判を示したコンテンツもキラーコンテンツになりやすいです。正確なデータを収集し、正直にデータを取り扱った方がより質の高いコンテンツに仕上がります。

キラーコンテンツ作成は外注もおすすめ

キラーコンテンツはCVが発生しやすいという点で、非常に重要なコンテンツです。そのため、企画や質には他のコンテンツよりも意識してこだわる必要があるでしょう。

そこでおすすめの方法がキラーコンテンツを外注するという方法です。一定の質を担保できる上、SEOやマーケティングなどに精通したライターが記事を制作するため、効果を出しやすい点が魅力となっています。

コンテンツを制作する場合は外注も検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
【SEO対策外注】コンテンツSEOを外注するメリットは?費用・選び方も早見表で紹介! コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った担当者がいないから、外部アドバイザーが欲しいことも。コンテンツSEOに取り組み、イ...

まとめ

本記事では、キラーコンテンツの制作方法や、活用方法、作成のポイントなどを詳しく解説しました。キラーコンテンツをうまく活用することで、より効果の出るブログに仕上げられます。本記事の内容も参考に、キラーコンテンツの作成を行なってみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次