お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

ユーザビリティの向上を進める対策とは?重視されている理由や確認方法も紹介!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

Webサイトを改善する際、よく聞く言葉が「ユーザビリティ」です。「使いやすさ」という意味を持つ単語には違いありませんが、Web業界においてはより深い意味も持ち合わせています。

本記事では、ユーザビリティの概要や、重要視されている理由、メリット、注意すべきポイントなどを紹介しています。本記事を最後まで読むことで、Webサイトのユーザビリティを向上させられるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

クリックできる目次

ユーザビリティとは?

ユーザビリティは、Webサイトやブログ、その他コンテンツなどの「使いやすさ」という意味合いで使われることが多い単語です。

しかし、Web業界で「ユーザビリティを向上させたい」という話が出た時には「ユーザの満足度」や「より素早く」という意味合いも含められることが多いです。

アクセシビリティとユーザビリティの違い

ユーザビリティと似た単語で「アクセシビリティ」というものもあります。アクセシビリティは誰もがWeb上に記載されている情報を等しく理解できる状態のことを指す点で、ユーザビリティと異なります。

例えば、視覚障害者が音声でコンテンツを視聴できたり、高齢者でもわかるよう大きなフォントで表示するのがアクセシビリティです。

一方、ユーザビリティの場合は特定のユーザーに対してわかりやすいコンテンツを制作するため、ターゲットが変われば情報が伝わりづらいとされる可能性もあるでしょう。

Webコンテンツでユーザビリティが重視されている理由

Webコンテンツにおいてユーザビリティが重視されているのは、どのような理由によるものでしょうか。ここでは主に考えられる2つの理由を紹介します。

コンテンツを正確に届けるため

ユーザビリティを高めることで、コンテンツの内容をより正確に紹介することが可能です。例えば、現在はさまざまな媒体でコンテンツを閲覧しますが、スマートフォンで訪れる可能性が高いページでPC版のサイトが表示されてしまうと、文字が小さくみづらいものになってしまいます。

ユーザビリティを高めることでどんなサイトからでもコンテンツを正しく閲覧できるため、より伝えたい内容が伝わりやすいです。

顧客満足度を高められるため

ユーザビリティを高めることで、顧客満足度が高まります。一般的にコンテンツを閲覧する読者は、記事制作者との接点がほとんどありません。そのため、記事制作者が意図している情報が伝わらないケースもあるでしょう。

しかし、ユーザビリティを高めるべくさまざまな施策を行うことで、読者が心地よく情報を収集できるようになります。その結果、コンテンツに対する信頼性を確保でき、顧客満足度を高められます。

ユーザビリティを向上させるメリット

ユーザビリティを向上させることで3つのメリットがあります。

読者のストレスがなくなる

最も大きなメリットは、読者のストレスをなくせる部分にあります。特に、コンテンツを初めて利用する人は、自分がどの位置にいるのかを知ることが難しいでしょう。

しかし、ユーザビリティを向上させることで、サイト内の自分の位置を理解でき、どのように操作をすべきかがわかります。つまり、読者がストレスフリーで記事を閲覧できるというメリットがあるのです。

コンテンツの表示速度が高まる

ユーザビリティを高めることは、コンテンツの表示速度を高めることにも役立ちます。ユーザビリティを高めると、基本的にはよりシンプルな状態に仕上がります。その結果、素早くコンテンツを表示させられるので、ユーザーとしても非常に使いやすいサイトが出来上がるのです。

コンテンツの信頼性を獲得できる

ユーザビリティを高めることで、ブランディングの効果もあります。ブログ全体のブランディングが構築されれば、質が高く長期にわたって継続顧客になってくれる可能性があります。

ユーザビリティの向上のために意識すべきポイント

ユーザビリティを向上させる上で、意識したいポイントが4つあります。

  1. 動作が遅くないか
  2. シンプルに操作できるか
  3. コンテンツの内容は充実しているか
  4. ユーザーの目的を達成できるか

それぞれ詳しくみていきましょう。

動作が遅くないか

まずはWebサイトが重くないかを確認しましょう。クリックしてから表示されるまでの時間が長いと、それだけで読者は離脱してしまうためです。

具体的には、高画質な画像を利用したり、動画、アニメーションなどを多用してしまうと、サイトが重くなってしまうため、注意が必要です。

画像の対策については以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
SEO対策に効果的な画像とは?3つのポイントやalt属性の書き方を紹介! SEO対策おいて、コンテンツに質を上げることや、キーワードを盛り込むことは多くの企業が実施しているのではないでしょうか。同時に、魅力的な画像をコンテンツに含める...

シンプルに操作できるか

ユーザーが欲しい情報を獲得するためにどのくらいのステップが必要かを理解しましょう。一般的には、必要な情報まで3ステップ以内に探し出せる状態が良いと言われており、それ以上の工数をかけてしまう場合には注意が必要です。

シンプルな操作感を実現できるよう、検索窓を設置したり、記事に見出しをつけたり、ナビゲーションメニューがわかりやすい状態を目指したりするよう意識しておきましょう。

コンテンツの内容は充実しているか

ユーザビリティにはコンテンツの充実度も関わってきます。そのため、ユーザーニーズを満たしたコンテンツ制作が重要となります。

詳しくは別記事でも紹介しますが、ニーズを満たすために必要なペルソナ設定なども意識しましょう。

あわせて読みたい
コンテンツマーケティング成功の鍵はペルソナ設定!メリットと設定方法 コンテンツマーケティングで最も重要なのは、ターゲットのニーズに沿ったコンテンツ作りです。ターゲットにとって、有益なコンテンツを提供することで成果に繋がります...

ユーザーの目的を達成できるか

このサイトでしか達成できない目的を細かく設定し、目的を達成するための筋道をシンプルにする必要があります。

例えば、読者が記事制作の方法を知りたいと考えているなら、その記事をメイン記事としてトップページに貼り付け、内部リンクでその記事にアクセスを増やすなどの工夫が必要です。

ユーザビリティ向上を確かめるための方法

ユーザビリティの向上を確認する方法は3つあります。

ユーザビリティテスト

一般ユーザーに対してテストを依頼するのも1つの方法です。リモート環境の中で画面を録画してもらい、どのような評価を得たかを記載してもらいます。

その中から課題となる部分を抽出し、サイト運営に反映させていくというのが最も実践的な方法でしょう。

ヒューリスティック評価

ヒューリスティック評価は、専門家の知見に基づいて評価を受ける方法のことです。サイトのランクをつけやすいため、定量的にコンテンツの質を改善することが可能になります。

ただし、新しい課題を見つけるなどクリエイティブな改善には向いていない評価方法となります。

アイトラッキング調査

アイトラッカーを使用し、ユーザーの確認している部分と、そうでない部分を知れるツールです。こちらを活用することで、ユーザーの興味の対象が客観的に理解でき、サイト設計に役立てられます。

ただし、人間の無意識的な部分を測定できないというデメリットがあるため、ユーザビリティテストよりは精度が低くなりがちです。

まとめ

本記事では、ユーザビリティの概要や、重要視されている理由、メリット、注意すべきポイントなどを紹介しました。ユーザビリティを向上させることで、質の高いコンテンツをより多くの読者に提供できるようになります。本記事の内容も参考に、ユーザビリティへの対策も検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次