お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

記事作成でリライトの方法とは?SEO効果と記事の選び方を紹介!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

自社メディアのコンテンツが充実してきた時にすべきなのが「リライト」です。リライトすることで、記事の質が上がり、アクセスを増やせるケースもあります。とはいえ、どのようにリライトすべきか、どんな記事をリライトすべきかなど疑問を抱える方も多いでしょう。

本記事では、記事作成のおけるリライトの概要や、リライトにおけるSEO効果、リライトすべき記事の選び方などを紹介します。「自社コンテンツが増えてきたけど上位表示されないコンテンツがある」という場合には、ぜひ参考にしてみてください。

クリックできる目次

記事作成におけるリライトとは?

記事作成においてリライトとは、文章の言い回しや表現を変更することを指します。リライトを行うことで、記事の質が上がり、上位表示されやすい記事へと変化させることが可能です。

基本的には、大掛かりなリライトは外部ライターへ依頼し、細かい修正は社内で行います。主にWebライターに任せれば問題ないのですが、任せる際にもリライトの重要性やどのようにリライトすべきかを理解しておくことで、ライターに的確な指示を出せるでしょう。

効果的なリライトはコンテンツの質をあげ、上位表示させられる可能性が高まりますので、Webコンテンツを制作する上では必須のスキルとなっています。

リライトにおけるSEO効果とは?

リライトを行うことで主に3つのSEO効果があります。

・コンテンツが最新情報になる(ユーザビリティ)
・検索エンジンからの評価が高まる
・Googleクローラーが記事を巡回しやすくなる

これらの効果は、コンテンツを上位表示させる際に役立ちます。

リライトを行うべき記事の選び方

ただやみくもにリライトしても効果は薄いでしょう。そのため、リライトする記事をしっかりと選ぶことが大切です。ここでは、リライトを行う記事の選び方について紹介します。

クリック率を上げたい記事

リライトする場合は、インプレッションが高いけど、検索順位が上がらないという記事を狙うべきです。そのような記事を選択することで、より少ないコストで上位表示を獲得できる可能性が高まるためです。

また、中でも競合が弱い2,000〜のキーワードを狙うことで、よりクリック率を高められるはずです。

検索順位を上げたい記事

現状6~10位前後を彷徨っているキーワードはリライトして検索順位を上げましょう。これらのキーワードの順位を高めることで、クリック率を上昇させ、CTRを高められる可能性があるためです。

事実、BACKLINKOの調査によれば、上位5位未満(6位〜)の場合、CTRは10%を切ってしまいます。このように、せっかく順位が高い水準を満たしているのに、クリックされなくなってしまうため、順位が上昇する可能性の高い6〜10位の記事をリライトするのが重要なのです。

記事作成のリライトが最適な時期

記事のリライトはどのタイミングで行うべきなのでしょうか。

具体的には、100本以上記事が増えてきたらリライトするのが良いとされています。それまでの記事数であれば、リライトするよりも新規記事を作成した方が効果があると言えるためです。

なので、リライトは100本以上超えてから行うようにしましょう。また、現段階で100本を超えている場合は、リライトを行いながら記事数を増やしていくのがおすすめです。

記事作成のリライトを行う手順

リライトはどのように進めていけば良いのでしょうか。ここでは、リライトに関して5つの手順を紹介します。

リライト記事の選定

まずは、上位表示させたい記事を選定するところから始めましょう。具体的な選定手順については上記でも紹介した通り、検索順位が6〜10位を彷徨っている記事、もしくは、クリック率を優先的に上げたい記事です。

これらの記事を選ぶことで、より効果を実感しやすくなるため、選定はしっかりと行いましょう。

ユーザーのニーズを調査

上位表示させたい記事が明確になったら、そのコンテンツがユーザーのニーズを満たしているのかを判断するため、ニーズの調査を行いましょう。ニーズを調査することで、記事に反映させやすくなるため、効果的です。

ニーズを調査する場合、潜在ニーズ・顕在ニーズを明確にすることが大切です。そうすることでコンテンツをより質の高いものに変化させられます。潜在ニーズに関しては以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
潜在ニーズとは?把握できる6つの方法と注意点|顧客の満足度をUPさせるために! 「顕在ニーズと潜在ニーズの違いがわからない」「潜在ニーズを把握するメリットって何?」と疑問を抱えている方も多いでしょう。初心者が潜在ニーズを考えると、誤った...

競合他社を調査

キーワードに対して競合他社の記事を調査するフェーズです。SEOにおいては正解=上位記事となりますので、比較しながら自社コンテンツを充実させていく必要があります。

ただし、競合の記事の内容に引っ張られて内容が酷似してしまうと、本末転倒となってしまうため、注意が必要です。

記事の構成案の再構成

リライトする記事の構成案を再構成しましょう。その際に重要なのは、過去に使用していた記事構成を見ずに新しく構成案を作成するということ。過去の情報に迷わされてコンテンツの質が低下してしまう恐れがあるためです。

まずは、競合他社を参考にし、どのような構成を含めるべきかを考え、後で過去の情報と照らし合わせながら構成案を決めていきましょう。

リライト

構成案作成などが終わったら、実際のリライトに移っていきます。リライトの際は過去の情報よりも質の高い情報を含められているかをチェックすることが大切で、過去よりも悪化していると、コンテンツをリライトした意味がなくなってしまいます。

また、注意したいのはYMYL(Your Money or Your Life)に関する情報。これらの情報はGoogleアップデートによって厳しくなったので、注意深くチェックすることが大切です。

リライトを行う際の注意点

リライトを行う際、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。ここでは、リライトの際に注意したい項目を3つ紹介します。

検索上位にある記事のリライトはしない

検索順位で上位表示されている記事のリライトはむやみに行わない方が良いでしょう。たとえ、誤字脱字があったとしてもリライトしてしまうと、順位を下げてしまうリスクがあるためです。

具体的には、2〜4位ほどの順位がついている記事はリライトせず、6〜8位程度の記事をリライトしていき、コンテンツの評価を高めていくのがおすすめです。

重複コンテンツにならないよう注意する

重複コンテンツがあると、SEO的に不利になってしまいます。このことをキーワードのカニバリゼーションと呼びますが、この場合、Googleがどちらのコンテンツを上位表示すれば良いかわからなくなり、評価が分散してしまうこともあります。

そのため、リライトする際は似たコンテンツがないかを確認しておくことが大切です。

リライトして終わりではない

記事のリライトは永遠に続きます。つまり、リライトには終わりがないということ。一般的にコンテンツは上位表示を奪われたり奪ったりしながら評価を高めています。

そのため、1度上位表示できたとしてもコンテンツの動向を見ながら適宜リライトしていくことが大切なのです。

まとめ

本記事では、記事作成のおけるリライトの概要や、リライトにおけるSEO効果、リライトすべき記事の選び方などを紹介しました。コンテンツをリライトすることで上位表示できる可能性が高まります。記事が100記事を超えてきた場合にはリライトが効果的に働くこともあるため、意識的にリライトを進めてみてはいかがでしょうか。

また、リライトを行う場合、記事制作代行会社に依頼するのもおすすめです。詳しくは以下の記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

URLが決まったら「ライティング 代行」をはる
https://support-menu.jp/wp-admin/post.php?post=451&action=edit

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次