お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

ライティング代行サービスとは?選ぶ際のポイントや活用するメリットを解説!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

コンテンツを制作することになったけれど、文章を書くのが得意ではない。また、大量のコンテンツを生み出す必要があるけど、人員を集めることが難しいと考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、コンテンツ制作を有利に進められる「ライティング代行サービス」の概要やできること、選ぶ際のポイントなどについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

クリックできる目次

ライティング代行サービスとは

ライティング代行サービスとは、主に記事執筆と言った業務を代行してくれるサービスのことです。インターネット上で商品を販売するメディアが生まれたことから、ライティング代行サービスが普及しました。

最近では、オウンドメディアの運用代行を行う会社や記事制作のみを対応している会社などさまざまな業務体系を持つライティング代行会社が生まれました。

コンテンツ制作においては、社内リソースのみで制作していくのが現実的に難しくなっています。そう言った場合に自社のリソースを減らさずに、コンテンツ制作を進めたい企業がライティング代行サービスを活用するのです。

ライティング代行サービスでできること

ライティング代行サービスでは、主に以下のような業務を受け付けていることが多いです。

・サイトコンテンツ作成
・SEOライティング
・コンテンツリライト
・SNSコンテンツ作成
・ホワイトペーパー作成

これらの業務に追われている場合には、ライティング代行サービスを活用するのが良いでしょう。

ライティング代行サービスは主に3種類ある

ライティング代行を依頼する場合、主に3種類の方法があります。

クラウドソーシング型
記事制作を専門としている会社
ライターに直接依頼する

それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

クラウドソーシング型

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業と仕事を探している受注者をWeb上でマッチングさせるサービスです。主なクラウドソーシングは「ランサーズ」や「クラウドワークス」ですが、こう言った総合型のクラウドソーシングの場合、ライティング意外にプログラミングやイラスト制作、デザインなど様々な案件を募集できます。

一方で「サグーワークス」や「CACASEL Editor」などのライティング特化のクラウドソーシングも存在しています。

クラウドソーシング型を活用すると、素早く受注者を探せるというメリットはあります。ただし、手数料を取られるため、単価が高くなりやすいというデメリットも存在しています。

記事制作を専門としている会社

ライティングに関する業務を請け負っている記事制作会社に依頼するのも1つの方法です。記事制作会社はライターが執筆し、ディレクター、編集者など品質を管理する人も存在しているため、記事のクオリティが一定に保たれているというメリットがあります。

一方で、1記事ごとのコストを考えると、クラウドソーシングよりも若干割高になる傾向はあります。とはいえ、安定した品質の記事が確保できるという点では、クラウドソーシングよりも費用対効果が高くなる可能性は高いでしょう。

ライターに直接依頼する

記事を依頼する場合、直接ライターに依頼するのも1つの方法です。優秀なライターにたどり着けば、コストを抑えながら記事を確保できるほか、スムーズに記事が上がるケースも多いでしょう。

とはいえ、品質の低いライターにあたってしまうと、コンテンツの信頼性を損ねてしまうというリスクや、そもそもライターを探すための時間が必要になる点は注意が必要です。

ライティング代行サービスを選ぶ際のポイント

ライティング代行サービスを活用する場合、どのようなポイントを意識して選べば良いのでしょうか。ここでは、主な3つの選び方を紹介します。

費用に見合ったクオリティを担保できるか

ライティング代行サービスは、企業によって大きく価格設定が異なるため、「記事の品質に対して費用を出しても良いか」という点で選ぶのが良いでしょう。

また、あらかじめ複数サービスを検討した上で予算を設定し、予算内で最もクオリティの高いサービスを選ぶという方法もおすすめです。

得意ジャンルがマッチしているか

次に大事なことは「得意ジャンルがマッチしているか」という点です。ライティング代行サービスによっても得意ジャンルが大きく異なるため、ジャンルが一致していないと、思ったような仕上がりにならないケースもあります。

専門的な分野の記事を依頼する場合には、ライティング代行サービスがジャンルに対応可能かを事前に確認しておきましょう。

SEOに強いか

特に、Webライティングにおいては「SEOに強い」ということは大きなメリットになります。そのため、Web記事制作を依頼する場合には、SEOの観点を持っているかを確認しておきましょう。

具体的には、事前のヒアリングやHPのサービス概要を確認した上で、SEOの観点で依頼すべきかを確認するのがおすすめです。

SEOについてはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
WordPressのSEO対策で成果を出すには?外注のメリットと注意点 「WordPressで作成したサイトのSEO対策の成果がなかなか出ない」 上記のように、WordPressのSEO対策に行き詰まっていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。とくに会...

ライティング代行サービスを活用するメリット

ライティング代行サービスを活用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、主なメリットを3つ紹介します。

短期間で大量の記事を確保できる

ライティング代行サービスを活用することで、短期間で大量の記事を確保できます。サービスを提供している企業には多くのライターが在籍していることが多く、一気に数百本といった依頼ができることもあります。

コンテンツ制作においては、ドメイン・サーバーを取得した後、すぐに多くの記事を確保した方が良いとされており、初速が大事だと言われています。

ライティング代行サービスを活用することで、有利にコンテンツを成長させられるでしょう。

社内リソースを圧迫しない

コンテンツを制作する場合、3,000文字1記事に5〜6時間かかることも多いです。そのため「コンテンツ制作に多くの社内リソースをかけられない」と悩んでいる企業も多いです。

しかし、ライティング代行サービスを活用することで、社内リソースを使うことなくコンテンツを増やせます。ライティング代行サービスを活用することで、より自社の仕事に集中できるようになります。

高い品質の記事が納品される

ライティング代行サービスを活用することで、高い品質の記事を確保できます。おそらく、社内のリソースを活用して記事を作るよりも、質の高い記事を手に入れられるでしょう。

ライティング代行サービスの中にいるライターはSEOやマーケティング、セールスライティングといった、文章に特化したスキルをいくつも保有しています。そのようなライターが執筆しているので、より効果のある記事を確保できます。

ライティング代行サービスを利用するデメリット

ライティング代行サービスを利用する場合、少なからずデメリットも存在します。ここでは、2つのデメリットを紹介します。

外注に費用がかかる

当然のことですが、ライティング代行サービスを利用する場合、費用がかかります。具体的には1本2〜3万円程度の費用がかかることも多く、コストを抑えたいと考えている企業においてはデメリットと感じることもあるでしょう。

とはいえ、自社でコンテンツを制作する場合、アルバイトを雇ったり、社員を増員したりする必要があるため、多くの場合、ライティング代行サービスを活用した方が費用を抑えられます。

SEOの外注に関しては、こちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
SEOは依頼してプロに任せるのが良い? マーケティングやWebサイトの運営において、SEOを学び、実施していくのはとても重要です。 しかし、ゼロからSEOを学んで実践していこうとすると、結果につながるまでか...

品質を管理するためのマニュアルを作成する工数がかかる

ライティング代行サービスに依頼すれば、記事制作は任せられますが、品質を管理するためのマニュアルを作成する工数がかかる点は注意が必要です。

ただし、社内教育したり外部ライターを雇ったりする場合においても工数は発生しますし、むしろ直接やり取りするよりも工数は削減できます。ですので、ライティング代行会社に依頼したのが理由で時間的負荷が大きく増えるというわけではありません。

まとめ

本記事では、コンテンツ制作を有利に進められる「ライティング代行サービス」の概要やできること、選ぶ際のポイントなどについて紹介しました。コンテンツを制作する上で、ライティング代行サービスを利用することで、素早くコンテンツを生み出せます。

実際のところ、社内で記事を作成するよりも工数を省けるケースは多いので、ライティング代行サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次