お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

Webマーケティングの代行サービスをうまく活用するには?選び方やメリットを解説!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

Web集客を成功させるために必要なのが、マーケティングの知識です。また、知識を保有しただけではWebマーケティングを成功させることはできず、施策の考案、実行、修正などのPDCAサイクルを回す必要があります。

一方で、そのような手間を省くことができるのが「Webマーケティング代行会社」です。こちらを利用すれば、マーケティングの業務を外注できます。とはいえ、Webマーケティング代行会社には様々な種類が存在することも事実。どの会社を選べば良いのかわからないと悩む方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、Webマーケティング代行会社の選び方やメリット、デメリット、かかる費用相場などを詳しく解説します。マーケティングを外注しようと考えている場合は、ぜひ参考にしてみてください。そのため、どの会社を選ぶべきかと迷う方も多いでしょう。

本記事では、Webマーケティング代行会社の概要やできること、選び方について紹介します。また、代行会社に依頼するメリット・デメリットについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

クリックできる目次

Webマーケティング代行会社とは

Webマーケティング代行会社とは、
Webマーケティング代行会社とは、その名の通り、企業のマーケティングを代行する会社のことです。主にSEO対策やSNSマーケティングなどを行い、価値を提供しています。

Webマーケティング代行会社に依頼することで、コンテンツの質を上げられることはもちろん、より企業のネームバリューを広めることにつながるケースもあるため、自社リソースでマーケティングが難しい場合は、代行してみても良いでしょう。

Webマーケティング代行会社ができること

Webマーケティング代行会社に仕事を依頼すると、3つのことができます。ここでは、Webマーケティング代行会社の主な仕事内容を紹介します。

コンテンツマーケティング

Webマーケティング会社が得意としている業務の一つが「コンテンツマーケティング」です。コンテンツマーケティングとは、ブログやHPなどの媒体でコンテンツを発表し、プラットフォーム上で商品を販促する方法のことを指します。

コンテンツマーケティングは顧客獲得までに時間がかかりますが、1度効果が出れば、1回広告を出稿するよりも安く、より大きな効果が出せるとして企業の中でも話題になっています。

コンテンツマーケティングを依頼できる専門業者もありますが、Webマーケティング代行に依頼することでも、コンテンツ制作を進めることが可能です。

コンテンツマーケティング特化業者に関してはこちらの記事をご覧ください。

公開されたら、こちらにURLをhttps://support-menu.jp/wp-admin/post.php?post=451&action=edit

Web広告運用代行

Webマーケティング会社は、Yahoo!やGoogleなどのリスティング広告やアドネットワーク広告を請け負っています。これらの広告に出稿することで、短期間で成果を出しやすくなるため、これから事業を伸ばしていきたいという場合に効果的です。

SNSマーケティング

近年話題のSNSマーケティング業務も請け負っています。SNSマーケティングとは、ユーザー情報に基づいて広告を出稿する方法のこと。Googleなどの検索意図から広告を出稿するわけではないので、より潜在的なニーズを発掘できるとして、魅力があります。

SNSマーケティングが弱いと感じている担当者の方は多いと思います。そのような場合、Webマーケティング代行会社に依頼することで、効果を出せる可能性があります。

Webマーケティング代行会社の選び方

Webマーケティング代行会社はどのように選べば良いのでしょうか。ここでは、3つの選びかたを紹介します。

費用で選ぶ

まずは、費用で選ぶことがおすすめです。自社がかけられる予算を想定し、その中から最適なWebマーケティング代行業者を選ぶのが良いでしょう。そのように選ぶことで、会社を絞れるというメリットや、想像以上に予算がかかってしまうというデメリットを避けられます。

実績で選ぶ

SEOコンテンツを提供している会社がどのような実績を持っているのか、把握することも大切です。実績がなければ、自社のコンテンツを上位表示できる可能性が低くなってしまいます。

特に、自社のコンテンツに近いジャンルで上位表示した実績があるのかを事前に確認しておくことは大切です。

目指したい目標を明確にする

Webマーケティング会社を選ぶ場合は、自社の目的を設定することが大切です。目的を設定することで、Webマーケティングでどの部分まで解決すれば良いかが明確にわかるためです。

もし、コンテンツの目的が明確になっていなければ、Webマーケティングで解決できない問題に対して必要のないコンテンツを量産する結果となるでしょう。そのため、事前に目指したい目標を設定しておくことは重要です。

Webマーケティング代行会社に依頼するメリット

Webマーケティングは自社で行っても良いように感じます。ところが、実際のところは代行会社に依頼する方がメリットを受けられます。

ここではWebマーケティング代行会社に依頼するメリットについて、2つ紹介します。

自社のリソースを割く必要がない

Webマーケティングを自社で行う場合、少なからずリソースを割く必要があります。例えば、コンテンツを制作する場合、3〜4時間程度かかることは当たり前。社内だけでは対処できないこともあるでしょう。

しかし、Webマーケティング代行会社へ依頼すれば、社内のリソースを使うことなく会社の価値を高められます。また、空いた時間でより主要な業務に集中できるようになるというメリットもあります。

プロのノウハウを自社に取り入れられる

Webマーケティング代行業者は、マーケティングのプロです。そのため、プロのノウハウを活用しながら自社の価値を高めていけます。

また、コンサル業務を行なっているWebマーケティング代行会社であれば、その際に得た知識を活用して、内製化することも可能。より企業価値を高められる可能性もあります。

Webマーケティング代行会社に依頼するデメリット

一方で、Webマーケティング代行会社に依頼するデメリットも存在します。ここでは、2つのデメリットについて紹介します。

依頼時にコストがかかる

当たり前のことですが、外注する場合には費用がかかります。内製すればその分のコストは抑えられるため、費用面でのデメリットがあると言えるでしょう。

Webマーケティング代行会社へ記事を依頼すると1本2〜3万円程度、SNS代行の場合、月50万円程度の費用がかかることもあります。そのため、コストを抑えたいと考えている企業においてはデメリットと感じることもあるでしょう。

ただし、マーケティングを強化する場合、それだけで社内の人員を増やす必要があります。その際にかかる人件費と比較すれば、代行が高すぎるわけではないことが理解できるでしょう。

ノウハウを蓄えられない

Webマーケティング代行業者に依頼する場合、ノウハウを蓄積できないというデメリットがあります。マーケティング業務を外部に依頼するため、アウトプットされた情報は確認できても、内部の会話は理解できません。そのため、新規事業を立ち上げる場合などには、再度費用をかける必要があるのです。

とはいえ、Webマーケティング代行会社の中にはコンサルティング業務を並行している企業があります。そのような企業に依頼すれば知識を共有してもらえ、自社に活かすこともできるでしょう。

Webマーケティングを外注する際にかかる費用相場

Webマーケティングを外注する場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、それぞれの業務ごとにかかる費用を紹介します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングにおける記事制作においては、1本あたり2〜3万円程度の費用がかかることが一般的です。また、CMSの入稿なども加えると、月50万円以上の費用がかかることもあります。

Web広告運用代行

Web広告運用は、手数料で料金が決まるケースがほとんどです。例えば、30万円分の広告費に対して20%の手数料として料金を取ります。

また、手数料は20%が相場で、上記で示した費用感はあながち間違いではありません。

SNSマーケティング

SNSマーケティングにおいては、コンテンツ制作で10万円程度、投稿管理やSNS運用レポートの分析なども合わせると、月50万円ほどの費用感になることが多いです。

まとめ

本記事では、Webマーケティング代行会社の概要やできること、選び方について紹介しました。Webマーケティング代行会社へ依頼することで、自社のリソースを割かずにコンテンツマーケティングを進められます。また、プロのノウハウが活用でき、より成長させやすいというメリットがあります。もちろん、外注費用はかかりますが、自社の特性とマッチするWebマーケティング代行会社に依頼することで、費用対効果は高くなるので、ぜひ、自社に最適な代行会社を探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次