お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

コピー ライティングとは?概要から事例まで詳しく解説!

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

商品の魅力を伝えたい時に使える文章テクニックが「コピーライティング」です。顧客の購買意欲を掻き立て、購入を促すのがコピーライティングの力です。

本記事では、コピーライティングの概要や優れたコピーライティングの事例、取り入れる際に便利なフレームワークを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

SEO無料相談会を実施しています

クリックできる目次

コピーライティングとは

コピーライティングとは、相手の行動を促す文章の書き方のことです。具体的には、文章を読んだ人が行動したい、購入したいと考えるような文章を書く技術を指します。つまり、見込み客の気持ちを理解し、ワクワクさせるような文章を書くことが求められるのです。

企業やブログ、DM、セールスレターなど様々な場所で活躍するコピーライティングですが、一方で、セールス色の強いライティングは好まれない傾向にあります。そのため、近年では営業色の弱いコピーライティングの重要性が高まりつつあります。

競合他社と比較し、自社の商品を購入してもらうにはコピーライティングの技術を習得すべきです。

セールスライティングとの違い

コピーライティングに似た言葉で、「セールスライティング」という言葉があります。両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

結論、セールスライティングはコピーライティングの技術の1つです。そのため「セールスコピーライティング」と呼ばれることもあります。つまり、コピーライティングの方が大きい括りの言葉となります。

コピーライティングは、商品に興味を持ってもらったり、購入したいという気持ちにさせるライティングのこと。一方で、セールスライティングは実際に購入する段階で後押しするようなライティング技術という違いがあります。両者は使う場面が異なるライティング技術なのです。

SEOライティングとの違い

SEOライティングとコピーライティングは全く別物です。SEOライティングはGoogleなどの検索エンジンで上位表示するための技術で、検索エンジンのアルゴリズムを理解した執筆を行います。つまり、対ロボットのライティングスキルなので、対人のコピーライティングとは全く異なります。

とはいえ、「Googleが掲げる10の事実」によれば、SEOライティングにおいて、ユーザーのニーズを理解することは重要度が高いため、セールスライティングの考え方と少しかぶる部分はあります。

良いコピーライティングとは?コツを解説

コピーライティングは正解がない技術なので、どういった文章が良いのかわからない方も多いでしょう。とはいえ、良いとされる文章には4つの特徴があります。それぞれ詳しく解説します。

ニーズを満たす内容

読み手のニーズを把握した状態で情報を記載することで、読者の離脱を防げます。離脱しないことは、顧客が最後まで文章を読むということなので、商品やサービス購買につながる可能性が高いです。ニーズを満たすことはコピーライティングにおいて基本的なテクニックとなります。

読み手がメリットを感じる

読み手がメリットを感じる文章はコピーライティングにおいて重要です。

例えば、青汁を販売する際「苦味がない青汁です。」というよりも、「苦味がなく毎日すっきり飲める青汁です。」と言ったほうが魅力を伝えられるでしょう。具体的なメリットを伝えることで、ターゲットが商品に魅力を感じやすくなり、商品やサービスが売れやすくなるのです。

行動につながる

申込フォームや資料請求に自然な流れでアクセスできる工夫を施している文章は、良いコピーライティングといえます。顧客がストレスなく商品リンクに訪れることはつまり、コンバージョンにつながる可能性が高いためです。

コピーライティングを学習している人は、読者がスムーズに行動できる文章かを確認しましょう。

誰でもわかる言葉を活用している

コピーライティングにおいては、難解な漢字を多用すべきではありません。一般的でわかりやすい表現を活用したほうが購入につながりやすいためです。

ストレスなく読める記事を探しているユーザーは、難解な文章はとことん嫌います。特にWebの場合、読むのに飽きてしまい、離脱につながるケースもあるでしょう。少しでも離脱率を下げるため、わかりやすい表現を活用することは大切です。

優れたコピーライティングの事例

コピーライティングは優れた事例から学ぶのが良いでしょう。ここでは有名企業のコピーライティングを5つ紹介します。

一目で義理とわかるチョコ

チョコレート菓子「ブラックサンダー」のコピーライティングです。安い価格設定とバレンタインデーをうまく組み合わせ、価値を生み出しています。

カラダにピース。CALPIS

「体に優しい乳酸菌飲料」をアピールしているコピーライティングです。商品の特徴をシンプルに示しながら、非常に語感がよく、口に出したくなるコピーライティングとなっています。

うまい、やすい、はやい

うまい、やすい、はやいは、吉野家のコピーです。開業当時は早い、うまい、安いというように年代によって優先度が変わり、ニーズに合わせてコピーを変更しているようです。

インテル、入ってる

インテル、入ってるは、企業名の語感の良さを生かしたキャッチコピーです。同時にインテル製のプロセッサーが入っているかを、上司から尋ねられたようなコピーとなっています。

すぐおいしい、すごくおいしい

日清チキンラーメンのコピーライティングです。リズミカルな語感と、チキンラーメンが出来上がるまでに時間がかからず、すぐに食べられることをメリットとして提示しています。

コピーで使えるフレームワーク

コピーライティングを活用する場合、フレームワーク(型)に当てはめるのが最も楽です。ここでは、コピーライティングで使える3つの型を紹介します。

PREP法

PREP法は、結論から書く文章の型です。

Point:結論
Reason:理由
Example:具体例、事例
Point:再度結論

この流れで文章を執筆することで、論理的に展開でき、伝えるべき情報が網羅的に伝わります。最も使いやすいコピーライティングの型と言えるでしょう。

PASONAの法則

PASONAの法則は以下の流れを活用するフレームワークです。

Problem:問題
Agitation:扇動
Solution:解決策
Narrow down:絞込
Action:行動

この流れを取り入れることで、最初に不安を与え、解決に導くというストーリーが出来上がります。ストーリーは商品購買に効果があると言われており、人間の心理に基づいた文章の書き方だといえます。

新PASONAの法則

新PASONAの法則は、PASONAの法則におけるAgitetionをAffinity(親近感)に変更したフレームワークです。また、SolutionがSolutionとOfferに分けられています。

この流れで文章を執筆することで、読者に寄り添う文章の構造になります。深刻な悩みを抱えた読者に対して商品を提供する際に活用できるフレームワークです。

コピーライティングの構成は4つ

コピーライティングは文章の役割において以下4つに分類されます。それぞれ詳しく見ていきます。

キャッチコピー

最も注目される部分がキャッチコピーです。もしくはヘッドラインと呼ばれることもあります。キャッチコピーは訪れたユーザーの注意を引きつけてその後の文章を読ませる力があります。

興味を引き付けられなければ、そのほかの文章が読まれることはないため、コピーライティングの中でも超重要な項目だといえます。

ボディコピー

ボディーコピーはコピーライティングの本文にあたる部分です。ボディコピーには読者の悩みや商品を活用するメリット、お客様の声などのコンテンツを含めます。

本文は最もボリュームが多い部分ですので、こちらもコピーライティングにおいて非常に重要な役割を担っています。

クロージング

クロージングは、コピーライティングの締めの部分です。最後まで購入をためらっている読者の後押しになる文章を書きます。具体的には、「〇人限定」や「〇日返金保証」など商品の購入において課題を感じている部分に対して、商品の魅力を伝えます。

CTA

CTAとは「コール・トゥ・アクション」の略です。つまり、ユーザーをコンバージョンにつなげる役割があります。具体的には「お問い合わせ」や「資料請求」などワンクリックで購入に踏み切れるボタンがCTAです。

まとめ

本記事では、コピーライティングの概要や優れたコピーライティングの事例、取り入れる際に便利なフレームワークを紹介しました。コピーライティングを学ぶことで、記事から商品が売れるようになります。本記事の内容をもとにコピーライティングを取り入れてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次