お知らせ|SEO対策の無料相談会を開催中!お気軽にお申し込みください 無料相談会へ

【2022年最新】SEO対策のやり方・方法とは?初心者でも上位表示を目指すためのテクニックを徹底解説

山本 伸弥|楽々Edit代表CEO

Webサイトを運営する場合、検索エンジンを意識して、検索順位の向上や上位表示を実現するための施策を講じる必要があります。

Webサイトへの訪問者の多くは検索行動で入ってきており、検索で入ってきたユーザーは問題解決という目的を持っているため、コンバージョン(成果)につながりやすい傾向にあるからです。

ここでは、上位表示を実現するための「コンテンツSEO(コンテンツ制作)」「内部対策」「外部施策」と留意点を、初心者にもわかりやすく解説します。SEOは常に変化しており、考え方や対策も変化しています。本コンテンツは常に最新情報を更新しています。

弊社では、SEO対策を行う上で現状分析コンサルティング「SEO無料分析」を実施しております。マンツーマンでSEOコンサルタントが分析して競合との差分を明らかにしていきます。ぜひお気軽にご活用ください。またインハウス化を目指したサービスプランもございますのでお気軽にご相談ください。

SEO無料相談会を実施しています

クリックできる目次

SEO対策とは?

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字をとったものです。

簡単に言うと、ユーザーに価値あるコンテンツを提供し、検索エンジンがページの内容を適切に理解・評価するために、ウェブページを技術的に最適化(内部対策)することをSEO対策と言います。

オーガニック検索からの流入は、多くのユーザーが特定のキーワードによる検索行動から、欲しい情報を探すためにWebサイトを訪れ、自ら商品やサービスを探すため、成果(コンバージョン)につながりやすいと言われています。

このように、SEO対策の成功は、意欲的で質の高いユーザーの安定的な流入を期待できるため、Webプロモーションの成功の大きなカギを握っているといえます。

近年、検索エンジンのアルゴリズムは飛躍的に向上し、操作性、表示速度、見やすさ、コンテンツの話題性など、総合的なユーザー体験(ページエクスペリエンス)が高いサイトが高く評価される傾向にあります。

2022年の最新SEOでは、ユーザーにとって価値の高いコンテンツや、ユーザー体験の向上がSEO評価の重要な要素になると考えられます。

SEO対策の目的


SEOの目的は、Webサイトの検索順位を上げることですが、単に検索結果の上位に表示させればいいというものではありません。

検索エンジン対策として検索結果の上位に表示させることは、Web集客の一つの入り口に過ぎず、Webサイトの最終目的であるコンバージョン(CV)の達成につながって初めてSEOが成功したと言えます。

つまり、SEOの目的は「Conversion Optimization(CRO)」の1つの手段として考えなければならないのです。

そのため、検索から流入するユーザーの目的(検索意図)を読み取り、ユーザーニーズを満たすコンテンツ、目的のページに遷移しやすい構造、ナビゲーション配置など、的確なサイト設計を行う必要があるのです。

SEO対策はコンバージョン達成までの流入経路の一つである、といった考え方になります。

SEO対策とリスティング広告の違い

マーケティング施策として、SEO対策と頻繁に比較されるのが「リスティング広告」です。リスティング広告の特徴は、広告を出稿してすぐに検索結果に反映されます。一方で、SEO対策では、成果が出るまでに即日とはいがず、最低でも4ヶ月程度期間がかかります。

キーワードやジャンルの競合性によっても成果の出やすさは異なり、「脱毛」「車買取」「保険」などビックキーワードであればしっかり取り組んでも2年〜5年程度かかる場合もあるでしょう。SEO対策では自社サイトのDR(ドメインレート:他サイトから設置された被リンク数)も関係します。DRが高いほどSEOで上位表示しやすく、DRが低いサイトではそもそも上位表示されないことも多々あるでしょう。

その点では、リスティング広告は費用をかければキーワードで表示されてクリックされるので、即効性がある施策であると言えます。しかし、リスティング広告では入札しているキーワードに大企業が参入してきてCPCが高騰するなど、懸念点があります。リスティング広告かSEO対策かとに極論ではなく、両方に取り組みリスクヘッジする考え方が重要です。

メリットデメリット
SEO対策・長期的にCPA削減ができる
・ドメインが育てば上位表示され続ける
・中小企業でも上位表示を獲得できる
・成果が出るまで最低でも4ヶ月程度かかる
・記事数を増やす必要がある(60本〜100本程度が目安)
・SEO対策の所作を覚える必要がある
リスティング広告・即日出稿できる
・リード獲得のスピードが圧倒的に速い
・大手資本参入でCPCが高騰する
・資本勝負になると、中小企業は勝てない

SEO対策を理解する上で重要な「Google検索エンジン」の仕組みとは

SEO対策(検索エンジン最適化)を正しく理解するためには、Google検索エンジンの仕組みをある程度理解する必要があります。ここでは、Google検索エンジンでは、どのような仕組みで動いているのか簡単に解説します。

Google検索エンジンの仕組み①クロール(情報収集)

Google検索エンジンのプラットフォームには、日々さまざまな情報がアップロードされています。考え方としてGoogleと言う検索エンジンのプラットフォーム(箱)があり、そこにあるWebサイトがニュースや新しいコンテンツを毎日のようにアップロードしているのです。

検索エンジンに流れる最新情報は「クローラー」と呼ばれるBOTが収集しています。クローラーが情報収集することを「クロール」と言います。まずは、自社サイトの発信情報をGoogle Botにクロールされる必要があり、クロールされなければ検索エンジンに自社コンテンツが反映されて、上位表示されることもなくなるのです。

クロールされるためには、「Google Serch console」と呼ばれるGoogle公式ツールを利用してクロール申請することが重要です。昨今はインデックスエラーと呼ばれる「そもそもアップロードしたコンテンツがクロールされない」現象が多発しているため、「Google Serch console」によるクロール申請は重要度を増しているのです。

あわせて読みたい
Search Console の概要 - Search Console ヘルプ Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくて

Google検索エンジンの仕組み②インデックス(データベースに登録)

Google検索エンジンでは、「クロール」されてから次に「インデックス」と言う作業がされます。Googleクローラーが情報を収集して、データベースに「インデックス(登録)」します。インデックスされることで、はじめて検索エンジンにコンテンツが評価されて、適切な順位がつけられるのです。

インデックスされるためにはクロールされる必要があるため、クロールにて紹介した「Google Serch console」ツールでクロール申請を行うことが重要となります。時々。クロールされたがインデックスされないといった現象がありますが、これは「クロール済み・インデックス未登録」というエラーとして扱われます。

「クロール済み・インデックス未登録」となった場合は簡単に言うと「クロールしたがコンテンツとしての品質が低いため、インデックスする価値はない」とGoogleが判断していると言うことです。「クロール済み・インデックス未登録」は時間を置けば勝手にインデックスされる場合があり、時間がたってもインデックスされない場合には、コンテンツ内の情報を増やすなどリライトすることが必要です。

Google検索エンジンの仕組み③ランキング

Google検索エンジンでは、クロールしてインデックスされれば最後にランキングがなされます。ランキングでは、インデックスされた膨大な数のコンテンツから「ランクブレイン」と言うAI(人工知能)がコンテンツの順位を決定します。ランクブレインは200以上の順位決定要素を持っており、200以上もの要素から判断されてコンテンツの順位が決定されるのです。

例えば、「ダイエット方法」と検索したユーザーに対して、よりユーザーが求めるであろう情報が記載されたコンテンツを「ランクブレイン」が判断して「検索結果」に順位をつけて返答しているのです。

また、検索エンジンの順位決定ロジックであるランクブレインは、毎日調整が加えられており、検索結果を見ても毎日順位は動いています。

SEO順位に大きな影響を与える|Googleコアアップデート

Googleコアアップデート(コアアルゴリズムアップデート)とは、検索エンジンの順位決定ロジックが大きく変更されるアップデートのことを指します。ランクブレインの順位決定要素の中で、順位決定がされる要素の比重が変更されると、これまでの検索結果が大きく変わります。特にYMYL(Your money Your Life)と呼ばれるジャンルである「医療」「金融」「保険」などでは、コアアップデートが実施された場合、順位が大きく変動します。

毎年二回前後コアアップデートが実施されており、その度にアップデート内容を分析してどのような調整が入ったのか考察して、今後のSEO施策に活かしていくのです。

具体的には、「ドメインレート(被リンク)」重視のアップデート調整が入った場合には、「被リンク獲得施策」を強化する、「コンテンツ品質」重視のアップデート調整が入った場合には、「コンテンツ1ページの情報量を増やす」といった施策内容が考えられます。

2022年以降のSEO対策における「本音」と「建前」

2022年の現在、SEO対策では「本音」と「建前」があります。正直なところ、教科書的な「建前」しか語られていない記事も多く、実際はSEO対策はやめた方がいいサイトもあるのです。

SEO対策における「本音」とは

SEO対策においての本音とは「ドメインパワー」が低い、もしくは「co.jpなどの特殊ドメイン」でないサイトはSEO対策はやめた方がいい。と言うことです。SEO対策では、教科書的に言えば「いいコンテンツを書けば検索エンジンに評価されて上位表示が期待できる」といった内容です。しかし、現実はそうではなく、「どのサイト(ドメイン)が発信しているコンテンツかどうか」もコンテンツの品質以上に評価されているのです。

つまり被リンク獲得がされていない、DRが低いサイトでは、キーワードで上位表示することすら困難な状況にあるのです。競合性が著しく低い、コンバージョンまで遠いキーワードであれば上位表示が見込まれますが、競合性がある程度存在するキーワードで上位表示を狙う場合は、相当な労力がかかります。

現在は「.com」「.jp」など通常の誰でも取得できるドメインではなく、法人格しか取得できない「co.jp」「.org」などが評価されやすい傾向にあるため、2022年の後発で「.com」「.jp」など通常の誰でも取得できるドメインでSEO対策を実施することには、険しい道のりがあると言えます。

SEO対策のメリット


SEO対策のメリットは上記で触れたように、「長期的にCPAを削減できる」「ドメインが育てば上位表示され続ける」「中小企業でも上位表示を獲得できる」ことです。各メリットについて詳細に解説します。

SEO対策のメリット①長期的にCPAを削減できる

SEO対策に取り組み、キーワードで上位表示を獲得できれば継続的な流入数を得られます。特に検索ボリュームが多いキーワードやコンバージョンにつながりやすいキーワードで上位表示できればリード獲得にも貢献するでしょう。SEO対策はコンサルティング費用や記事制作(コンテンツSEO)の費用を初めにかけてしまえば、コンテンツから継続的にユーザーを流入させられるため、長期的に見てCPAを大幅に削減することが望めます。

リスティング広告など他のWeb広告、SEM施策と異なり長期的にCPAを削減できる「資産性」はSE対策のメリットの中でも随一の魅力があります。

SEO対策のメリット②ドメインが育てば上位表示され続ける

SEO対策では「ドメインの強さ」という考え方があります。例えば、ドメインとは「https://rakuraku-edit.co.jp」のようにサイトのURLのことを指します。ドメインの強さをSEO用語で「DR(ドメインレート)」と言います。

DRは新規サイトを開設すれば「0」から始まり最大値で「100」まで育ちます。自社サイト以外の他のサイトからリンクが設置されることで、DRの値が増加していきます。DRはドメインに紐付き、DRが高いほど検索エンジンに評価されるサイト(ドメイン)となるため、一度DRが育てばSEO対策で上位表示されやすいサイトになるのです。

一般に、DRが50程度まで育てば、競合性が高いキーワードでも上位表示がされやすくなります。しかし、DRを育てようとGoogleのポリシー違反となるブラックハットSEOを行う企業もあります。例えば、関連性のないサイトから自社サイトに大量の被リンクを行うことで、強制的にDRを向上させる施策があります。この場合は、Googleからペナルティ対象となる可能性があり、ペナルティとなると検索順位が圏外に吹き飛ぶこともあるため注意しましょう。

補足までに、「DR」という指標はGoogleの公式指標ではなく「Moz」という海外のSEO会社が提唱している指標であるためあくまでも目安程度にすることが重要です。

SEO対策のメリット③中小企業でも上位表示を獲得できる

SEO対策は今年に創業したベンチャー企業でも、中小企業でも上位表示が可能です。Googleでは良いコンテンツを検索エンジンにインデックスして、検索ユーザーにランキング化して返答するため、誰でも「良いコンテンツ」を制作すれば上位表示のチャンスはあるのです。良いコンテンツを作成することを「コンテンツSEO」と言います。

ここで言う「良いコンテンツ」とは検索者にとって「良いコンテンツ」を指します。例えば、「SEO対策」と検索した時に検索者はSEO対策について調べたい、情報収集したいといったような検索意図が推測できます。検索者の検索意図に返答するコンテンツを制作することでGoogleから良いコンテンツと評価されて、結果として上位表示できるのです。

そのため。1記事の制作費用が3万円でも20万円かかったとしても、検索者にとって良質なコンテンツが上位表示する仕組みとなっており、コンテンツの品質次第で中小企業でも個人でも、上位表示が期待できるのです。

資本力に関わらず、検索者に良いコンテンツを提供した企業が勝利できる仕組みとなっています。

SEO対策のデメリット


SEO対策のデメリットは「成果が出るまで最低でも4ヶ月程度かかる」「記事数を増やす必要がある(60本〜100本程度が目安)」「SEO対策の所作を覚える必要がある」と大きく3つあります。それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

SEO対策のデメリット①成果が出るまで最低でも4ヶ月程度かかる

SEO対策では、施策を実施して即日成果が出ることは全くありません。施策の成果が出るまでにGoogleの公式見解でも最低「4ヶ月」は必要であると解説されています。この4ヶ月と言う期間は検索エンジンの仕組み上、「ディスカバー」「クロール」「インデックス」「ランキング」と4つのステップを踏む期間を指すと予想されます。

しかし、この4ヶ月と言う期間は、ある程度のドメイン(DR)でSEO対策を実施して、SEO対策に専門知識が豊富な担当者が実施しても4ヶ月程度は要するため、月次で少しだけSEO対策を外注する場合や、独学で情報収集しながらSEO対策に取り組む場合は、数年間はかかる可能性があります。

すでにDRが高い目ドメインであれば、コンテンツをアップロードして翌週には上位表示を獲得することもありますが一般的には最低で4ヶ月程度はかかります。いますぐリード獲得をしたい場合は不向きなマーケティング施策ですが、長期的にリード獲得数を広告経由以外で増やしたい場合などには有効です。

SEO対策のデメリット②記事数を増やす必要がある(60本〜100本程度が目安)

SEO対策ではサイト内の記事数(インデックスボリューム)を増やす必要があります。記事数を数本アップロードしただけでは上位表示が難しく最低でも60本程度アップロードしなければ、検索エンジンにサイトの専門性を認識させられないと言われています。

また、少ない検索ボリュームのキーワードで上位表示をしても流入数はごくわずかであるため、記事数を増やしてさまざまなキーワードで上位表示を獲得し、流入数を増さなければ、サイトの訪問者数が増えてもリード獲得には至らずサイトから離脱されることがほとんどです。

まずは、SEO対策をするには記事数を増やして検索エンジンに専門性を認識されるように努力する必要があります。

あわせて読みたい
【SEO対策外注】コンテンツSEOを外注するメリットは?費用・選び方も早見表で紹介! コンテンツSEOは内製で実施したいけどリソースが足りないことや、専門知識を持った担当者がいないから、外部アドバイザーが欲しいことも。コンテンツSEOに取り組み、イ...

SEO対策のデメリット③SEO対策の所作を覚える必要がある

SEO対策では、検索エンジンに正しく情報を理解させるための「所作」があります。例えば「内部施策」ではHTMLの記述方法をGoogleに認識しやすいように最適化するなど、コーディング視点で一定の知識が必要です。

内部施策で取り組むべき施策は以下のようなものがあります。

具体例を挙げると「Titleタグ」の最適化では、ページのタイトルをGoogleに認識されやすいようにそのページで狙っている「キーワード」を設定して最適化するといった考え方です。「SEO対策 方法」と言うキーワードで上位表示をしたい場合はページタイトルに「SEO対策方法」と言うキーワードを含めて設定する必要があります。

また、Hタグ(見出しタグ)でもTitleタグと同様にキーワードを含めて最適化する必要があるのです。このようにコンテンツを作るだけではなくGoogle検索エンジンに情報を伝えるための「所作」が必要になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

SEO無料相談会はこちら

クリックできる目次